ホンダ、電動ロボット草刈機『グラスミーモ』発売…最大4000平米に対応

ロボット草刈機 グラスミーモ
ロボット草刈機 グラスミーモ全 2 枚写真をすべて見る

ホンダは7月29日、広範囲な敷地に対応する電動ロボット草刈機『Grass Miimo(グラスミーモ)』を発売した。

グラスミーモは、設定した範囲の草刈作業を、指定したプログラムに従い自動で行う電動ロボット草刈機。あらかじめ設定したエリアワイヤー(電線)が発信する信号で草刈りエリアが区切られ、境界線を検出するとグラスミーモは方向転換する。17.6Wの強力モーターにより、最大登坂能力25°を実現。傾斜自律制御システムを搭載し、傾斜地や起伏のある場所でも高い直進性能を発揮する。

バッテリー残量が少なくなると、グラスミーモは自動で充電ステーションに戻り充電。最大4000平米の草の高さを一定に保つことができる。また、曜日ごとに稼働時間を細かく設定可能。バッテリー駆動で動作音も気にならないので、業務時間中や夜間などニーズに合わせた設定ができ、刈り揃えられたきれいな草地を実現する。2017年6月に発売したロボット芝刈機「Miimo(ミーモ)」が校庭緑化や企業庭園、一般家庭の芝刈り向けであるのに対し、グラスミーモは果樹園など広範囲の敷地に生える雑草も刈ることができ、草刈作業の省力化・効率化に貢献する。

また、グラスミーモはスマートフォンやタブレット端末による遠隔操作・監視を可能とする専用アプリ「Mii-monitor(ミーモニター)」に対応。グラスミーモ本体に付属した通信端末のTCU(telematics control unit)と、アプリをダウンロードしたスマートフォンやタブレット端末間の通信により、作業指示やリアルタイムでの作業状況の確認、さまざまな設定変更などができる。また本体が停止したり異常が発生したりした場合は、スマートフォンなどを介してユーザーへエラーメッセージを通知。離れた場所からでも安心して草刈作業を実施できる。

Mii-monitor操作画面Mii-monitor操作画面

価格は64万3500円。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  2. トヨタの大型ピックアップ、新型が9月19日米デビューへ
  3. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  4. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  5. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  6. 寝台特急『サンライズ』が乗務員扉を開いたまま走行…原因は車掌の施錠ミス
  7. 日野プロフィア、3万4000台をリコール 異常燃焼発生で走行不能
  8. 【シトロエン C5エアクロスSUV PHEV 新型試乗】手玉をとられるばかりである…岩貞るみこ
  9. マツダ CX-5 改良新型、表情一新…米国で先行発表
  10. 体温、何度で仕事を休む?…3つの節目 タニタ意識調査
ランキングをもっと見る