スバル、レヴォーグ など5車種1万4000台をリコール…燃料ポンプ不具合でエンストのおそれ

スバル・レヴォーグ(2018年)
スバル・レヴォーグ(2018年)全 3 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)は7月29日、『レヴォーグ』など5車種の燃料ポンプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、レヴォーグのほか、『WRX』、『フォレスター』、『BRZ』、トヨタ『86』の合計5車種で、2018年4月6日から2019年4月25日に製造された1万4459台。

対象車種は、燃料ポンプのインペラ(樹脂製羽根車)の成形条件が不適切なため、樹脂密度が低くなって、燃料により膨潤して変形することがある。そのため、インペラがポンプケースと接触して燃料ポンプが作動不良となり、最悪の場合、走行中エンストに至るおそれがある。

改善措置として、全車両、全車両、低圧燃料ポンプを対策品と交換する。

改善箇所改善箇所

不具合は72件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

スバル レヴォーグの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  2. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  3. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  4. スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで
  5. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  6. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  7. 空冷ポルシェで1台2億円!? マニア垂涎『シンガー911 DLS』とは
  8. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  9. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  10. 道の駅かさま、キャンピングカー車中泊スペースにタイムズの予約制駐車場を導入
ランキングをもっと見る