【トヨタ ランドクルーザー 新型】GRスポーツも初登場、「運転しやすく、疲れない」ランクルへ…510万円から

トヨタ ランドクルーザー 新型「GRスポーツ」
トヨタ ランドクルーザー 新型「GRスポーツ」全 19 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は8月2日、長年にわたる技術の積み重ねと最新技術を融合したフラッグシップSUV、新型『ランドクルーザー』(300シリーズ)を発売した。ガソリン車は5人乗り1グレードと7人乗り4グレード、ディーゼル車は5人乗りのみで2グレードを展開。価格は510万円から800万円。さらに、ランドクルーザーとして初めて、高性能スポーツグレード「GRスポーツ(GR SPORT)」を設定する。価格は770万円。

ランドクルーザーは1951年8月、強力なエンジンを備えた四輪駆動車「TOYOTA BJ型」として誕生。以降、世界各地で人の命や暮らしを支える、また、より豊かな人生を支える存在として進化を続け、これまで世界170の国と地域で累計1060万台、年間30万台以上を販売している(レクサスLX、GXを含む)。

今回フルモデルチェンジとなった新型ランドクルーザー(300シリーズ)は、2007年に登場した200シリーズの後継モデル。「信頼性・耐久性・悪路走破性は進化させつつ継承」「世界中のどんな道でも運転しやすく、疲れにくい走りを実現」を開発テーマに、長年にわたる技術の積み重ねと最新技術を融合し、素性を刷新した。

GA-Fプラットフォーム採用で高次元な走りと環境性能を両立

トヨタ ランドクルーザー 新型(ZX)トヨタ ランドクルーザー 新型(ZX)写真をすべて見る
従来のフレーム構造を踏襲しながらも、TNGAに基づく新GA-Fプラットフォームを採用。最新の溶接技術の活用等により、高剛性(従来型比+20%)かつ軽量なフレームとし、衝突安全性能、静粛性、走りの質を向上させた。ボディも高張力鋼板の採用を拡大したほか、ボンネット、ルーフ、全ドアパネルをアルミニウム化。また、パワートレーンの搭載位置を車両後方に70mm、下方に28mm移動。これらにより約200kgの軽量化、低重心化、前後重量配分の改善を果たしている。

プラットフォームの刷新に伴い、足回りには新開発のハイマウント・ダブルウィッシュボーン式(フロント)とトレーリングリンク車軸式(リヤ)のサスペンションを採用する。リヤサスペンションはショックアブソーバーの配置を最適化し、乗り心地と操縦安定性を向上。また、サスペンションアームの配置変更により、ブレーキング時にも安定した車両姿勢を維持する。

悪路走破性向上のため、ホイールアーティキュレーション(タイヤの浮きづらさ)も向上。路面状況や運転操作に応じ、ショックアブソーバーの減衰力を四輪独立制御するAVSにはリニアソレノイドタイプを採用し、操縦安定性と乗り心地の両立を図った。

トヨタ ランドクルーザー 新型トヨタ ランドクルーザー 新型写真をすべて見る
過酷な環境下での使用に耐える油圧式パワーステアリングには、電動式の操舵アクチュエーターを組み合わせた。これにより、レーントレーシングアシストなど、操舵支援機能の追加が可能になったほか、低速時の優れた取り回しや悪路走行時のショック(キックバック)を低減。すっきりしたステアリングフィールなども併せて実現した。また、よりリニアな制動特性を得られる電子制御ブレーキシステムを採用。ブレーキペダルの操作量をセンサーで検出し、最適な制動力を油圧ブレーキで創出する。

操縦安定性・操作性向上を目指した最新装備

リヤタイヤのトラクション性能を確保するトルセンLSDを採用。旋回加速時には後左右輪の荷重に応じて駆動力を最適に配分し、高いコントロール性能を実現。直進では路面状況の変化にレスポンスよく反応し、安定性の確保に貢献する。

マルチテレインセレクトでは、タイヤの空転によるスタックや、駆動力不足による失速が起こりやすい路面状況に応じた走行支援を、6つのモード(AUTO/DIRT/SAND/MUD/DEEP SNOW/ROCK)から選択できる。モードごとに駆動力、サスペンション、ブレーキ油圧を自動で統合制御し、走破性を確保。また、動作範囲をハイレンジ(H4)にも拡大し、より広い範囲のオフロード走行に使用できる機能とした。

マルチテレインセレクトマルチテレインセレクト写真をすべて見る
マルチテレインモニターは、車両周囲の状況確認を4つのカメラでサポートする。フロント・サイド左右・リヤに搭載したカメラでとらえた映像をカメラスイッチで切り替えることで、死角になりやすい車両周辺の路面状況を確認できる。また、フロント画面表示中に車両を停止させれば、車両下の状態や前輪の位置が確認できるアンダーフロアビューにも切り替え可能。さらに後輪周辺をクローズアップして大きく表示する新ビューを追加。タイヤ付近の状況や障害物との距離感を把握でき、スタックや行き止まりからの脱出に力を発揮する。

12.3インチディスプレイには、ランドクルーザー専用表示として、オフロード情報表示画面を新設。傾斜計、デフロックのオン/オフ、アクセル・ブレーキワークなどを大画面に表示することで車両の状態を直感的に把握できる。

パワーと環境性能を兼ね備えたガソリン/ディーゼルのV6ツインターボ

パワーユニットは3.5リットルガソリンまたは3.3リットルディーゼルのV型6気筒ツインターボエンジンを用意する。新開発の3.5リットルV6ツインターボガソリンエンジンは、最高出力415ps、最大トルク650Nmを発生。マルチホール直噴インジェクタ付D-4STの採用やロングストローク化、バルブ挟角の最適配置による高速燃焼と高効率ツインターボが力強い低速トルクと優れた過給レスポンスを生み出す。

3.3リットルV6ツインターボディーゼルエンジンは、ピストン燃焼室、吸気ポート、インジェクタといったエンジン各部の構造を最適化し、309psの最高出力、700Nmの最大トルクと、優れた燃費性能を両立した。また、可変ノズル付2ウェイツインターボを新採用。あらゆるシーンで爽快な加速感をもたらす過給性能を実現し、低速域ではシングルターボの高レスポンスによる力強い加速に、高速域ではツインターボの大吸気量によるのびやかな加速に寄与する。

トランスミッションはV6ツインターボエンジンの性能を引き出すダイレクトシフト10ATを組み合わせる。発進時を除くほぼ全域でロックアップを作動させ、ダイレクトなフィーリングを実現。また10速化により、ギヤステップのクロス化、全体のギヤレシオのワイドレンジ化を実現し、リズミカルで心地の良い走りのリズムと、高速燃費の向上、発進加速・オフロード性能の向上を同時に果たしている。

さらに、ガソリン・ディーゼル、各エンジン向けに駆動力特性と変速タイミングを最適化。ガソリンエンジンでは高回転域までの伸びやかなトルク特性を引き出すような気持ちよい加速感を、ディーゼルエンジンでは低回転から盛り上がるトルク特性を生かし、ドライバーの意思に寄り添った力強い加速を実現している。

機能性や快適性を重視した内外装

トヨタ ランドクルーザー 新型(AX)トヨタ ランドクルーザー 新型(AX)写真をすべて見る
車体外形は全長・ホイールベースなどボディサイズ、ならびに対地障害角(アプローチアングル、デパーチャーアングル、ランプブレークアングル)を従来型から変えず、オフロード走破性にもつながる扱いやすさを継承。また室内については、フロント着座位置を後方に移動しつつ、セカンド・サードシート構造・配置を見直し、居住性・荷室容量の向上と衝突安全性能を両立させた。サードシートはフロア格納式とした。

エクステリアデザインは、キャビンを後ろ寄りに配置する、キャビンバックワードプロポーションとしている。また、ラジエーターグリルをヘッドランプとともに高い位置に配置。前後バンパーの下部も障害物をいなすような造形とするなど、オフロード走行時の機能性を重視したデザインとしている。また、エンジンフードには大きな凹みを設け、衝突安全性能と前方視界の両立を図った。

トヨタ ランドクルーザー 新型(ZX ガソリン車)トヨタ ランドクルーザー 新型(ZX ガソリン車)写真をすべて見る
インテリアは、オフロードなど過酷な環境でも、よりスムーズな運転操作、ドライバーが快適さを実感できる運転環境を創出している。インストルメントパネル上部は水平基調で、過酷な路面変化の中でも車両姿勢を把握しやすい形状とした。

また車両状況が把握しやすいよう、スピード・エンジン回転・燃料・水温・油圧・電圧が直感的に視認できる、6針式のメーターを採用している。ドライブモードセレクト、マルチテレインセレクト、ダウンヒルアシストコントロール、クロールコントロールのモードセレクトは1つのダイヤルに統合。モニターを見ながら操作できる最適な位置に配置している。

トヨタ ランドクルーザー 新型(ZX ガソリン車)トヨタ ランドクルーザー 新型(ZX ガソリン車)写真をすべて見る
快適性にも配慮し、温熱シートとシートベンチレーションをフロントシートに加え、セカンドシートにも装備する。また、ペットボトル飲料などを保冷できるクールボックスを設定。さらに車室内を快適な空気環境に導く「ナノイーX」を全車標準装備する。12.3インチのワイドタッチディスプレイは、ナビ・オーディオ・空調表示だけでなく、オフロード機能もビジュアルでわかりやすく表示。さらに最大3名分の車両設定(ドライビングポジション、エアコン等の室内設定、メーター等の表示設定)を記憶させるマイセッティング、リヤバンパー下に足を出し入れするだけでバックドアが自動開閉するハンズフリーバックドアを採用する。

指紋認証スタートスイッチを初採用

ランドクルーザーに採用された指紋認証スタートスイッチランドクルーザーに採用された指紋認証スタートスイッチ写真をすべて見る
安心・安全装備では、指紋認証スタートスイッチをトヨタ初採用する。スマートキーを携帯し、ブレーキを踏みながらスタートスイッチ上の指紋センサーにタッチすると、車両に登録された指紋情報と照合。指紋情報が一致しなければエンジンが始動しない機構としている。

また、最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を採用。歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼)を検知し、衝突回避または被害軽減に寄与するプリクラッシュセーフティに、交差点での対向直進車や右左折時に前方から来る横断歩行者の検知機能、ドライバーによる回避操舵をきっかけに操舵と車線逸脱抑制をサポートする緊急時操舵支援機能を追加した。

さらに、駐車時などの低速走行時における衝突被害軽減に寄与するパーキングサポートブレーキを採用したほか、アクセルの踏みすぎや踏み間違いを検知するとクルマの加速を抑制するプラスサポートを設定する。

高性能グレード「GRスポーツ」を設定

トヨタ ランドクルーザー 新型「GRスポーツ」トヨタ ランドクルーザー 新型「GRスポーツ」写真をすべて見る
高性能スポーツグレード「GRスポーツ」をガソリン車・ディーゼル車それぞれに設定する。長年のダカールラリーへの参戦経験を踏まえ、「モータースポーツを起点にしたもっといいクルマづくり」を実践し開発された。ダカール参戦ドライバーからのフィードバックを開発に生かし、過酷な運転環境でも安心して運転しやすく疲れないクルマを目指した。

足回りでは、電子制御でスタビライザー効果を変化させるE-KDSSを世界初採用する。E-KDSSは、前後のスタビライザーを独立して自動で電子制御し、路面状況や前後輪それぞれの状況に応じてより細かくスタビライザー効果を調整。市街地での走行安定性とオフロードの走破性を高次元で両立させる。また、リヤに加えてフロントにも電動デフロックを搭載。様々な悪路環境において、より優れた走破性を発揮する。

トヨタ ランドクルーザー 新型「GRスポーツ」トヨタ ランドクルーザー 新型「GRスポーツ」写真をすべて見る
エクステリアでは専用のラジエーターグリルやバンパー、マットグレー塗装の18インチアルミホイールなどを装備。インテリアでは専用の本革巻きステアリングホイールやフロントシートなどを装備する。

なお、トヨタ車体のチームランドクルーザー(TLC)は、このGRスポーツをベースとした車両で2023年以降、ダカールラリーに参戦する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

【画像】【トヨタ ランドクルーザー 新型】GRスポーツも初登場、「運転しやすく、疲れない」ランクルへ…510万円から(19枚)
トヨタ ランドクルーザーの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  2. メルセデスベンツ、PHEV開発終了へ...2020年代終わりにはMTも廃止に
  3. シトロエン C4 新型、フランス本国では市場セグメントで販売首位
  4. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  5. 【ホンダ シビック 新型試乗】“G”世代にも響く?ドライバー重視の仕上がり…島崎七生人
  6. これが日産の本気!コンパクトカーの概念を覆すノート オーラの真髄を女子編集者と中谷明彦がロングドライブで検証してみた!PR
  7. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  8. ー代限りの名車、BMW『Z8』がクーペで蘇る
  9. ホンダの電動SUV『プロローグ』、年間7万台販売へ…2024年北米発売予定
  10. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
ランキングをもっと見る