トヨタ GRヤリスの頂点、『GRMN』登場は2022年か? 最新プロト車両をニュルで激写

トヨタ GRMN ヤリス プロトタイプ(スクープ写真)
トヨタ GRMN ヤリス プロトタイプ(スクープ写真)全 10 枚写真をすべて見る

WRC由来の技術を投入したコンパクトスポーツとして一定の地位を築きつつあるトヨタ『GRヤリス』だが、これを上回るハードコアモデル『GRMNヤリス』登場の可能性が現実味を帯びてきた。スクープサイト「Spyder7」が、そのプロトタイプと思われる車両を捉えた。

Spyder7は、2020年10月にもGRMNヤリスらしきプロトタイプを捉えていた。そのプロトタイプは、GRヤリスよりもボディがローダウンされ、カーボンらしきルーフをはじめ、フロントバンパー両サイドにウィングレット、フェンダーに巨大エアアウトレット、大型リアスポイラーなど過激なエアロパーツが装備されていた。

トヨタ GRMN ヤリス プロトタイプ(スクープ写真)トヨタ GRMN ヤリス プロトタイプ(スクープ写真)写真をすべて見る
しかし、今回ニュルブルクリンクで捉えた最新のプロトタイプではそれらが排除され、一見GRヤリスと変わりはないように見える。しかしフロントフェンダーには通気孔を隠す黒いテープが貼られているほか、後部にはセンサーを装着。そしてなにより、ナンバープレート「6001」が2020年に撮影された車両と同一であることから、同じプロトタイプによる複数のボディパーツで開発が進められていることがわかる。

ベースとなるGRヤリスのパワートレインは、1.6リットル直列3気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、最高出力272psを発揮する。一方GRMNヤリスでは、同エンジンをブーストアップ、最高出力は300psオーバーが予想され、「GR-Four」全輪駆動システムを維持、両方の車軸にはオプションの「トルセンLSD」がセットされる。

世界に衝撃を与えるであろうGRMNヤリスのデビューは、2022年内と噂されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

【画像】トヨタ GRヤリスの頂点、『GRMN』登場は2022年か? 最新プロト車両をニュルで激写(10枚)
トヨタ ヤリス、ヴィッツの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  2. これが日産の本気!コンパクトカーの概念を覆すノート オーラの真髄を女子編集者と中谷明彦がロングドライブで検証してみた!PR
  3. メルセデスベンツ、PHEV開発終了へ...2020年代終わりにはMTも廃止に
  4. シトロエン C4 新型、フランス本国では市場セグメントで販売首位
  5. 「ワンストップ型ETC」社会実験を実施へ 本町山中有料道路
  6. ー代限りの名車、BMW『Z8』がクーペで蘇る
  7. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  8. ホンダ シビック 新型、生産開始…米で初めてハッチバック組み立て
  9. 3カメラで前後左右さらに車内をフルハイビジョン録画、セルスターの新型ドラレコ発売
  10. ダイハツ タント 一部改良、ターボモデルに電動パーキングブレーキなど標準装備
ランキングをもっと見る