アルファロメオ初のプラグインハイブリッドSUV『トナーレ』、市販モデルをスクープ

アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)全 17 枚写真をすべて見る

アルファロメオが開発中のコンパクト・クロスオーバーSUV『トナーレ』市販型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

トナーレは、2019年のジュネーブモーターショーでコンセプトモデルとして初公開。『ステルヴィオ』の下に位置するSUVで、ブランド初のプラグインハイブリッドモデルとして注目されている。

初めて捉えたプロトタイプは、アルファロメオ特有のカモフラージュをまとい、ダミーコンポーネントのヘッドライトとテールライトはがはめ込まれている。しかし、フロントバンパーには最終パーツと思われるメッシュの大きな開口部や、アルファロメオを象徴する円形スポークを備えるホイールが見てとれる。

アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)アルファロメオ トナーレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)写真をすべて見る
2019年の「トナーレコンセプト」と比較すると、リアドアハンドルがCピラーからドアに移動されているほか、バンパーに統合されていたエキゾーストパイプは、見えない場所に隠されているようだ。またコンセプトモデルのキャビン内には、12.3インチのデジタルゲージクラスタと10.3インチのセンタータッチスクリーンが採用されていたが、市販型ではさらなる進化が見られるか注目される。

パワートレインは、同じステランティス傘下のジープ『レネゲード』が搭載する、1.3リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンと電気モーターを組み合わせた「eAWD」システムを流用、後輪に電力を供給し、システム合計の最高出力は240psを発揮する。

トナーレ市販型のワールドプレミアは、2022年前半と予想されている。FCAジャパン社長のポンタス・ヘグストロム氏は、トナーレを日本市場に導入することを発表しており、市場ではメルセデスベンツ『GLA』やBMW『X1』、そしてレクサス『UX』の強力なライバルになりそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

【画像】アルファロメオ初のプラグインハイブリッドSUV『トナーレ』、市販モデルをスクープ(17枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 復活の『インテグラ』、これが市販型デザインだ!
  2. トヨタ ハイランダー、RAV4 の兄貴分に2022年型…ハイブリッド専用の新グレード登場
  3. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】華美な豪華さはないけれど…竹岡圭
  4. ホンダ シビック タイプR 新型のデザインはこれで決定!? トリプルエキゾーストの迫力
  5. スバル『WRXスポーツワゴン』登場へ、正体は2.4ターボ搭載のレヴォーグ 2022年豪州発売
  6. カワサキ・メグロK3…復活のブランド、絶対的な価値観[写真24点]
  7. 【MINI クーパー 新型試乗】手放すとまた乗りたくなるのが『ミニ』である…島崎七生人
  8. VW ゴルフ のセダン版『ジェッタ』、新エンジン搭載…高速燃費が向上[写真19点]
  9. これはいいニコイチ:ジムキャリィとジムリィ…アソモビ2021
  10. ノンストップ大陸横断、ホンダジェット2600 を発表[動画]
ランキングをもっと見る