BMW M史上最強、635馬力の軽量版『M5 CS』…量産第1号車をモントレー・カーウィーク2021で発表へ

BMWレーザーヘッドライトはイエローで光る

カーボンファイバー強化樹脂を外装に使用

後席は独立2名がけのバケットタイプに変更

0~100km/h加速3秒で最高速は305km/hに到達

BMW M5 CS
BMW M5 CS全 29 枚

BMWの高性能車部門のBMW Mは8月3日、世界限定1100台を生産するBMW『M5 CS』の量産第1号車を8月12日、米国で開幕する「モントレー・カーウィーク2021」で初公開すると発表した。

同車は、モータースポーツに由来するパフォーマンスを備えた改良新型BMW『M5』のさらなる高性能バージョンだ。「CS」はこれまで、『M3セダン』や『M4クーペ』に設定されたことがあり、現行ラインナップでは『M2』に『M2 CS』 が用意されている。

BMWレーザーヘッドライトはイエローで光る

外観は、キドニーグリルサラウンド、キドニーグリルの「M5 CS」バッジ、フロントフェンダーのMプレート、トランクリッドエンブレム、20インチのYスポークデザインの鍛造Mアルミホイールを、ゴールドブロンズで仕上げた。ドアシルフィニッシャーには、照明付きのM5 CSプレートが付く。

BMW M5 CSBMW M5 CS

BMWレーザーヘッドライトのL字型ライト部分は、ロービーム、ハイビーム、ウェルカムライトをオンにすると、イエローで点灯する。これは、GTレーシングカーを連想させるものだという。

ボディカラーには、ブランドハッチグレーメタリックなどを設定した。「BMWインディビジュアル」のマットペイント仕上げとして、フローズンブランドハッチグレーメタリックとフローズンディープグリーンメタリックも選択できる。

BMW M5 CSBMW M5 CS

カーボンファイバー強化樹脂を外装に使用

ボンネット、フロントリップスポイラー、ドアミラーカバー、リアスポイラー、リアディフューザー、Mパワーエンジンコンパートメントカバー、インテークサイレンサーはカーボンファイバー強化樹脂(CFRP)製だ。一部には、カーボン独特のパターンが見える演出を施している。

BMW M5 CSBMW M5 CS

4本のテールパイプを備えたステンレス製スポーツエキゾーストシステムと、赤く塗装されたキャリパー(オプションでゴールドを用意)が特長のMカーボンセラミックブレーキが標準装備される。

後席は独立2名がけのバケットタイプに変更

BMW M5 CSBMW M5 CS

インテリアは、前席にMカーボンシートを採用する。後席は独立2名がけのバケットタイプとした。ブラックのメリノレザーには、ムジェロレッドのステッチがアクセントに配される。フロントシート一体型のヘッドレストは、M5のロゴとドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのコースレイアウトがあしらわれた。

Mアルカンターラステアリングホイールは、0時の位置に赤いステッチが入る。パドルシフトはカーボンファイバー製で、ステアリングホイールのスポークはブラッククローム仕上げとした。

BMW M5 CSBMW M5 CS

前席のセンターコンソールのアームレストは、軽量カバに置き換えられた。ブラックメリノレザーには、赤いダブルステッチを使う。インストルメントパネルの「CS」エンブレムと後席のバケットスタイルのシートの間には、赤いアクセントが使用されている

0~100km/h加速3秒で最高速は305km/hに到達

BMW M5 CSBMW M5 CS

4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは強化されており、最大出力は635hp/6000rpmを獲得する。これは、ベース車両の『M5コンペティション』に対して、10hpの上乗せだ。最大トルクは76.5kgm/1800~5950rpmに据え置かれた。

BMWによると、 M5 CSはBMWMの歴史の中で、最もパワフルになるという。「ドライブロジック」を備えた8速「Mステップトロニック」トランスミッションと、「M xDrive」4WDシステムを組み合わせた。M xDriveは、後輪駆動の2WDモードが選択できる。

BMW M5 CSBMW M5 CS

M5 CSは、ボンネットをカーボンファイバー強化樹脂(CFRP)に変更するなどして、ベース車両のM5コンペティションに対して、約70kgの軽量化を達成する。サスペンションは、前後のスプリングとダンパーを専用チューニングした。タイヤはサーキット走行も視野に入れたピレリ「Pゼロコルサ」が標準で、サイズはフロントが275/35R20、リアが285/35R20とした。

動力性能は、0~100km/h加速が3秒で、0~200km/h加速が10.3秒。最高速は、305km/h(リミッター作動)となる。0~100km/h加速は、ベース車両のM5コンペティションの3.3秒に対して、0.3秒速い。

BMW M5 CSBMW M5 CS

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. メルセデスベンツ Eクラス 次期型、プロダクションモデルを初スクープ
  2. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  3. 日本の名車をホットウィールで体感! 実車以上に迫力あるディティールを手のひらで所有する幸せPR
  4. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  5. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  6. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  7. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  8. レクサス『RZ』、ブランド初のEV専用モデルはクロスオーバー車に
  9. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  10. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
ランキングをもっと見る