スズキ、4ストモトクロッサー RM-Z450/250 2022年モデル発売へ

スズキ RM-Z450(2022年モデル)
スズキ RM-Z450(2022年モデル)全 4 枚写真をすべて見る

スズキは、市販モトクロッサー『RM-Z450』および『RM-Z250』の2022年モデルを9月22日より発売する。

RM-Z450は、2005年にスズキ初の4ストローク市販モトクロッサーとして登場。その後、2008年にモトクロスマシンでは初のフューエルインジェクションシステムを搭載し、以降もマシン各部を見直し、2015年にはスズキホールショットアシストコントロール(S-HAC)を装備。年毎にそのパフォーマンスレベルを高め熟成を重ね、2018年には外観を含め全面刷新をした。

RM-Z250は2019年2月、「The Winning Balance『走る、曲がる、止まる』の高次元でのバランス」を開発コンセプトにフルモデルチェンジ。ツインインジェクターの採用やエキゾーストシステムの改良、シリンダーヘッドの変更などにより出力の向上を図ったほか、フレームや足回りも強化し、戦闘力を高めた。
今回は、両モデルとも主要諸元に加え、グラフィックにも変更はない。価格はRM-Z450が92万4000円、RM-Z250が77万5500円。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【MINI クーパー 新型試乗】最後のピュアエンジン・ミニかもしれない…諸星陽一
  2. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  3. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  4. 世界初の工法を編み出したエンジニアの挑戦、レクサス板金技術者が語る『R3』への道…名古屋オートモーティブワールド2021PR
  5. 商用車にもAMG !? メルセデスベンツ『シタン45』設定のウワサ
  6. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  7. 新型『インテグラ』はターボチャージャーエンジン搭載?…今週読まれた記事ランキング
  8. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  9. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  10. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
ランキングをもっと見る