7人乗りミニバンに? BMW 2シリーズ アクティブツアラー 次期型、IAAモビリティでまもなくデビューか

BMW 2シリーズ アクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW 2シリーズ アクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 17 枚

BWMは現在開発中のコンパクトミニバン、次期型『2シリーズ アクティブツアラー』。その最新プロトタイプをカメラが捉えた。ニュルブルクリンクに出現したプロトタイプは、これまでで最もカモフラージュが軽く、ワールドプレミアの準備が整っているように見える。

2シリーズ アクティブツアラーは2014年に発売。その後、第2世代となる次期型の開発車両を2019年9月に初めてスクープに成功した。それ以降、プロトタイプは徐々にカモフラージュを落とし現在に至っている。

最後にプロトタイプを目撃したのは今年始めだが、それと比較するとグリルデザインがより拡大されていることがくっきりとわかるほか、フロントバンパーのコーナーには縦スリットのインテークも見える。新形状のLEDデュアルデイタイムランニングライトを装備。さらにサイドミラーがAピラーからドアへ移動し、視界の良さが向上しそうだ。

リアエンドではバンパー、L字型テールライト、バックフォグランプも生産仕様を装着していると思われる。

次期型では、現行モデルの特徴的MPVシルエットを維持しながら、モダンで、筋肉質、かつスポーティなデザインに進化。7人乗りの「2シリーズ グランツアラー」が廃止される可能性が高く、アクティブツアラーに3列シートが設定されると予想されている。

BMW 2シリーズ アクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)BMW 2シリーズ アクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
キャビン内では、『iX』でも見られたスイッチ形状のギアシフター、最新のインフォテイメントシステム、湾曲したダッシュボードを搭載。ヒーター/エアコンなどはディスプレイでの操作によって制御される。

次期型のアーキテクチャには「UKL」プラットフォームのアップグレード版を採用。これは次世代の『X1』、及び『X2』もサポートするとみられる。パワートレインには、最高出力140psを発揮する1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジン、最高出力150ps及び190psを発揮する2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジン、プラグインハイブリッド(PHEV)などがラインアップされるだろう。

PHEVは、現行「225xe」で見られるものの進化系で、1.5リットルエンジンとリアにマウントする電気モーターを組みあわせ、最高出力224psを発揮、全輪駆動となる。また10kWhリチウムイオンバッテリーを積み55~57kmのEV航続を実現する。

2シリーズ アクティブツアラー次期型のワールドプレミアは、まもなく9月にドイツで開催される「IAAモビリティ 2021」が有力だ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. メルセデスベンツ Eクラス 次期型、プロダクションモデルを初スクープ
  2. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  3. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  4. 日本の名車をホットウィールで体感! 実車以上に迫力あるディティールを手のひらで所有する幸せPR
  5. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  6. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  7. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  8. レクサス『RZ』、ブランド初のEV専用モデルはクロスオーバー車に
  9. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  10. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
ランキングをもっと見る