コロナ禍の「鉄分不足」をオンラインで解消…東武が公式ファンクラブを開設 9月1日から

標準色の急行用200系。東武鉄道公式ファンクラブから発行されるデジタル会員証の絵柄の一部になっている。
標準色の急行用200系。東武鉄道公式ファンクラブから発行されるデジタル会員証の絵柄の一部になっている。全 3 枚写真をすべて見る

東武鉄道(東武)は8月31日、会員制のオンラインサロン「東武鉄道公式ファンクラブ」を9月1日10時から開設すると発表した。

合同会社DMM.comが提供する会員制コミュニティサービス「DMMオンラインサロン」を通して、気軽に東武の魅力に触れることができるウェブサイトで、コロナ禍における相次ぐ鉄道関連のツアーやイベントなどの中止で「鉄分補給」できないファン向けに設けられる。

特典として、イベント情報や各線で運用されている車両の走行動画配信、スマートフォン用壁紙カレンダーの配布などを定期的に行なうほか、人気イベントやツアーの先行予約、鉄道グッズの先行販売、東武社員が出演する鉄道ライブ配信、蒸気機関車の機関庫など普段見ることができない施設を見学できるオンラインツアーなども企画。東武では「当社沿線から遠く離れた地域にお住まいの方にも東武鉄道の魅力をより身近に感じていただけます」としている。

募集は第1期分が9月1日から2022年3月31日まで行なわれ、月会費は1100円。入会申込みはDMMオンラインサロン(要アカウント)の「東武鉄道公式ファンクラブ」紹介ページで受け付ける。

東武鉄道公式ファンクラブのデジタル会員証東武鉄道公式ファンクラブのデジタル会員証

なお、フェイスブックやツイッターには「東武鉄道ファンクラブ」という名称のアカウントがあるが、東武では「当社とは関係ございませんのでご注意ください」とアナウンスしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ シビック タイプR 新型のデザインはこれで決定!? トリプルエキゾーストの迫力
  2. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】華美な豪華さはないけれど…竹岡圭
  3. スバル『WRXスポーツワゴン』登場へ、正体は2.4ターボ搭載のレヴォーグ 2022年豪州発売
  4. トヨタ純正ディスプレイオーディオの交換って、可能?[サウンドユニット セッティング法]
  5. トヨタ ハイランダー、RAV4 の兄貴分に2022年型…ハイブリッド専用の新グレード登場
  6. マツダ CX-5 改良モデルを、発表前にチェックできる特別内見会 全国3か所で
  7. コロナ禍で「納期の遅れ」顕著に…新車の乗り換え時に注意すべきことは?
  8. これはいいニコイチ:ジムキャリィとジムリィ…アソモビ2021
  9. VW ゴルフ のセダン版『ジェッタ』、新エンジン搭載…高速燃費が向上[写真19点]
  10. パナソニック、カーナビステーション『ストラーダ』を一新…より高精細に、より高性能に
ランキングをもっと見る