【期間限定販売】マスタング、コルベット、コブラ、あのブライトリングから往年のモデルが最新作として登場

『ブライトリング』から発売された最新モデル『トップタイム・クラシックカーズ・カプセル ・コレクション』
『ブライトリング』から発売された最新モデル『トップタイム・クラシックカーズ・カプセル ・コレクション』全 11 枚

『ブライトリング』から最新モデル『トップタイム・クラシックカーズ・カプセル ・コレクション』が発表された。

トップタイムは1960年代にブライトリングから発売された当時最もモダンなクロノグラフである。若くてアクティブなプロフェッショナルに向けたデザインコンセプトを受け継ぎ、現代的なエッセンスを加えたクロノグラフとして生まれ変わった。『ブライトリング』から発売された最新モデル『トップタイム・クラシックカーズ・カプセル ・コレクション』トップタイム・フォード・マスタング『ブライトリング』から発売された最新モデル『トップタイム・クラシックカーズ・カプセル ・コレクション』トップタイム・フォード・マスタング

トップタイム・クラシックカーズ・カプセル・コレクションは、60年代のアメリカンスポーツカー、フォード『マスタング』、シボレー『コルベット』、シェルビー『コブラ』からインスピレーションを受けてデザインされている。文字盤はそれぞれのスポーツカーをイメージさせるカラーになっており、ストラップはレースをイメージしたカーフスキンレザー。

ステンレススチール製のケースバックには、各モデルのロゴが刻まれている。アクティブな使い方に対応できるように100mの防水性能を確保しており、パワーリザーブは42時間だ。『ブライトリング』から発売された最新モデル『トップタイム・クラシックカーズ・カプセル ・コレクション』トップタイム・シェルビー・コブラ『ブライトリング』から発売された最新モデル『トップタイム・クラシックカーズ・カプセル ・コレクション』トップタイム・シェルビー・コブラ

『トップタイム・フォード・マスタング』と『トップタイム・シボレー・コルベット』のケースは42mm。COSC(スイス公式クロノメーター認定機関)公認クロノメーターのブライトリングキャリバー25を搭載。自動巻きで1/8秒クロノグラフムーブメント(ストップウォッチを使用した時、1/8秒単位で計測)で文字盤12時の位置にマシンのロゴを配置。タキメーター目盛りと3つのサブダイヤルがメカニカルなイメージを作り上げている。『ブライトリング』から発売された最新モデル『トップタイム・クラシックカーズ・カプセル ・コレクション』トップタイム・シボレー・コルベット『ブライトリング』から発売された最新モデル『トップタイム・クラシックカーズ・カプセル ・コレクション』トップタイム・シボレー・コルベット

『トップタイム・シェルビー・コブラ』は、コンパクトなスポーツカーであるコブラをイメージして一回り小さい40mmのケースを採用し、COSC公認クロノメーターのブライトリングキャリバー41を搭載している。ホワイトのタキメーター目盛りと2つのサブダイヤルを装備。クロノグラフムーブメントは自動巻き1/4秒で、文字盤6時の位置にマシンのロゴが飾られている。『ブライトリング』から発売された最新モデル『トップタイム・クラシックカーズ・カプセル ・コレクション』左からシボレー・コルベット、シェルビー・コブラ、フォード・マスタング『ブライトリング』から発売された最新モデル『トップタイム・クラシックカーズ・カプセル ・コレクション』左からシボレー・コルベット、シェルビー・コブラ、フォード・マスタング

『トップタイム・クラシックカー・カプセル・コレクション』は、期間限定販売で生産数も多くないということもあり、ブライトリングファンだけでなく、クラシックカーマニアからも注目を浴びている。

後藤武|ライター
バック雑誌クラブマン、航空雑誌シュナイダーなどの編集長を経てフリーランス。大型二輪、飛行機、ヘリコプター、船舶免許を所持。現在は乗物を中心に様々な趣味やライフスタイルの記事を執筆している。

《後藤武》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  2. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  3. 伊藤かずえの『シーマ』、新車のように復元、NISSAN CROSSINGで12月8日より展示
  4. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  5. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  6. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  7. メルセデスベンツ Aクラス、現行初の大幅改良へ…新メッシュグリル見えた!
  8. ルノー カジャー 後継、車名は『オーストラル』に決定…CセグSUV
  9. トヨタがWRCで戦うGR YARIS Rally1 を公開、豊田社長デモラン
  10. トヨタ タンドラ 新型、生産開始…ハイブリッドは2022年春から
ランキングをもっと見る