『SL大樹』が初重連運行…C11 207が先頭、C11 325は次位 10月1日

C11 325入線後の2020年12月7日に南栗橋車両管区で行なわれた重連運行。この時はC11 325が先頭だったが、今回のツアーでは次位となる。
C11 325入線後の2020年12月7日に南栗橋車両管区で行なわれた重連運行。この時はC11 325が先頭だったが、今回のツアーでは次位となる。全 4 枚写真をすべて見る

東武鉄道(東武)は9月6日、『SL大樹』の重連運行を10月1日に実施すると発表した。

東武のSL重連運行は、真岡鐡道からC11 325が入線した2020年12月以来だが、営業運行としては初めてとなる。今回はC11 207が先頭となり、次位には真岡鐡道からやってきたC11 325が連結される。

時刻は下今市10時29分発~鬼怒川温泉11時5分着・15時37分発~下今市16時14分着。

東武トップツアーズが催行する「SL大樹重連 乗り鉄&撮り鉄満喫ツアー」として運行され、申込みは9月9日11時から受け付ける。東武鉄道公式ファンクラブ会員の場合、9月6日17~18時に先行予約を受け付ける。

「SL大樹重連 乗り鉄&撮り鉄満喫ツアー」の編成。募集人員と旅行代金は、2号車のドリームカーが40人・1万5800円、1・3号車の通常車両が100人・1万3800円。ファンクラブ会員先行予約はそれぞれ20人、40人。鬼怒川温泉駅ではSLの入換作業が行なわれるが、これに関するクイズが9月17~30日に応募箱に回答を投函する方法で行なわれる。「SL大樹重連 乗り鉄&撮り鉄満喫ツアー」の編成。募集人員と旅行代金は、2号車のドリームカーが40人・1万5800円、1・3号車の通常車両が100人・1万3800円。ファンクラブ会員先行予約はそれぞれ20人、40人。鬼怒川温泉駅ではSLの入換作業が行なわれるが、これに関するクイズが9月17~30日に応募箱に回答を投函する方法で行なわれる。

このほか、重連運行に合わせた記念乗車券が10月1~31日に3000セット発売される。発売額は1000円で、1人5セットまで購入できる。なお、券番0001~0010は東武鉄道公式ファンクラブ会員向けに抽選販売される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. スバル、新型車を発表へ…オートモビリティLA 2021
  2. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  3. 【VW ゴルフヴァリアント 新型試乗】パサートに迫る空間でも余裕綽綽な“1リットル”…島崎七生人
  4. シボレー コルベットZ06 新型、レッドゾーンは8600rpmから 10月26日発表予定
  5. シャコタン車両が700台集結!…スタンスネイションジャパン2021愛知
  6. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  7. ポルシェ 718 ケイマン に頂点、「GT4 RS」開発中 11月デビューへ
  8. トヨタ純正ディスプレイオーディオに外部機器を接続する奥の手[サウンドユニット セッティング法]
  9. 【ホンダF1】30年ぶりの戴冠をめざす終盤戦…技術首脳が語る、躍進の理由と意義
  10. 体温、何度で仕事を休む?…3つの節目 タニタ意識調査
ランキングをもっと見る