アルファロメオ2車種に「6Cヴィラ・デステ」、1940年代の名車に敬意…欧州発表

アルファロメオのフレーム構造を採用した最後のモデルが「6C 2500 SS」

ボディカラーは3層仕上げのエトナレッドで塗装

2.0リットルガソリンターボと2.2リットルディーゼルを用意

アルファロメオ・ジュリアとステルヴィオの「6Cヴィラ・デステ」
アルファロメオ・ジュリアとステルヴィオの「6Cヴィラ・デステ」全 16 枚写真をすべて見る

アルファロメオは、『ジュリア』と『ステルヴィオ』に限定車の「6Cヴィラ・デステ」(6C Villa d’Este)を欧州で設定する。9月7日、アルファロメオが発表した。

6Cヴィラ・デステの「ヴィラ・デステ」とは、イタリア・コモ湖畔で毎年開催されているクラシックカーの一大イベント、「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」(Concorso d'Eleganza Villa d'Este)に由来する。この長い伝統を持つイベントは1929年、イタリア北部のチェルノッビオで「コッパ・ドオロ・ヴィラ・デステ(Coppa d'Oro Villa d'Este)」という当時の自動車部門の新製品展示会が開催されたことに端を発する。

コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステに展示される車両のコンセプトは、トラディション(伝統)とビジョン(展望)が組み合わされている。これは、世界中の他のクラシックイベントにはない「コンセプトカー&プロトタイプ」賞があるという点にも示されている。コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステの受賞者に関する決定は、一般投票で行われる。

アルファロメオのフレーム構造を採用した最後のモデルが「6C 2500 SS」

アルファロメオ・ステルヴィオとジュリアの「6Cヴィラ・デステ」アルファロメオ・ステルヴィオとジュリアの「6Cヴィラ・デステ」

アルファロメオは、『6C 2300』や『2300B』の後継車として、1938年に『6C 2500』を発表した。テレスコピック・ショックアブソーバーを備えたトーションバー式リアサスペンションや、油圧ブレーキを採用し、革新技術を盛り込むというアルファロメオの伝統を継承した。高性能バージョンの『6C 2500 SS』(スーペル・スポルト)では、最大出力110hpを発生するエンジンを搭載し、170km/hの最高速を誇った。

この6C 2500 SSはアルファロメオにとって、フレーム構造を採用した最後のモデルとなった。生産台数は36台。その1台1台がコーチビルダーによるアイデアや顧客の要望を反映して作られ、異なる仕様に仕立てられた。

アルファロメオ・ステルヴィオとジュリアの「6Cヴィラ・デステ」アルファロメオ・ステルヴィオとジュリアの「6Cヴィラ・デステ」

6C 2500 SSは1949年、コンクール・デレガンス・ヴィラ・デステにおいて、「グランプリ・リファレンダム(一般投票によるグランプリ)」を獲得した。この受賞により、6C 2500 SSは、ヴィラ・デステの愛称で呼ばれるようになっていく。

ボディカラーは3層仕上げのエトナレッドで塗装

アルファロメオ・ステルヴィオ「6Cヴィラ・デステ」アルファロメオ・ステルヴィオ「6Cヴィラ・デステ」

ジュリアとステルヴィオの限定車、6Cヴィラ・デステは、この6C 2500 SSに敬意を示したモデルとなる。ボディカラーは、6C 2500 SSをモチーフに、3層仕上げのエトナレッドで塗装された。クロームメッキのサイドウィンドウフレームも装備する。ステルヴィオは軽量な21インチアルミホイール、ジュリアは19インチアルミホイールで足元を引き締めた。

インテリアは、シートにベージュのプレミアムレザーを使い、前席にはパワー調整とヒーター機能が備わる。フロントヘッドレストには、6Cヴィラ・デステの文字が刺繍された。ダッシュボードも同様に、6Cヴィラ・デステの刺繡とシルエットが添えられる。

アルファロメオ・ステルヴィオ「6Cヴィラ・デステ」アルファロメオ・ステルヴィオ「6Cヴィラ・デステ」

AT車には、アルミ製パドルシフトを装備した。レベル2の先進運転支援システム(ADAS)、ダイナミックグリッドを備えたバックカメラ、フロントセンサーとリアセンサー、ワイヤレス充電器、電動テールゲートも採用している。

2.0リットルガソリンターボと2.2リットルディーゼルを用意

アルファロメオ・ステルヴィオ「6Cヴィラ・デステ」アルファロメオ・ステルヴィオ「6Cヴィラ・デステ」

パワートレインには、2種類のエンジンを用意した。ジュリアには、最大出力190hpの2.2リットルターボディーゼルエンジンと最大出力200hpの2.0リットルガソリンターボエンジンを搭載する。駆動方式は、RWD(後輪駆動)とした。

ステルヴィオには、最大出力210hpの2.2リットルターボディーゼルエンジンと、最大出力280hpの2.0リットルガソリンターボエンジンを搭載する。どちらのエンジンも、アルミ製シリンダーとカーボンファイバー製クランクシャフトによるAWDシステムを備え、8速ATを組み合わせた、としている。

アルファロメオ・ステルヴィオ「6Cヴィラ・デステ」アルファロメオ・ステルヴィオ「6Cヴィラ・デステ」

《森脇稔》

【画像】アルファロメオ2車種に「6Cヴィラ・デステ」、1940年代の名車に敬意…欧州発表(16枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 復活の『インテグラ』、これが市販型デザインだ!
  2. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】華美な豪華さはないけれど…竹岡圭
  3. トヨタ ハイランダー、RAV4 の兄貴分に2022年型…ハイブリッド専用の新グレード登場
  4. ホンダ シビック タイプR 新型のデザインはこれで決定!? トリプルエキゾーストの迫力
  5. スバル『WRXスポーツワゴン』登場へ、正体は2.4ターボ搭載のレヴォーグ 2022年豪州発売
  6. 【MINI クーパー 新型試乗】手放すとまた乗りたくなるのが『ミニ』である…島崎七生人
  7. VW ゴルフ のセダン版『ジェッタ』、新エンジン搭載…高速燃費が向上[写真19点]
  8. これはいいニコイチ:ジムキャリィとジムリィ…アソモビ2021
  9. カワサキ・メグロK3…復活のブランド、絶対的な価値観[写真24点]
  10. 20代女子がトーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』で峠道をゴン攻め、ソロキャンでゴツかわいさと違いを実感!PR
ランキングをもっと見る