最強のスピードトリプル、トライアンフ『1200RR』発売決定…ハーフカウルやオーリンズサス

トライアンフ スピードトリプル1200RR
トライアンフ スピードトリプル1200RR全 7 枚写真をすべて見る

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、丸目1灯ヘッドライトのハーフカウルを備えたスーパースポーツ『スピードトリプル1200RR』を2022年1月(予定)より販売を開始すると発表した。

スピードトリプル1200RRは、2021年1月に登場したスポーツネイキッド『スピードトリプル1200RS』をベースに、クリップオンハンドルやハーフフェアリング、オーリンズ製スマートEC 2.0電子制御式セミアクティブフォークなどを装着。スポーティさを追求したスピードトリプルシリーズのフラッグシップモデルとなる。

新設計のコクピットフェアリングとトライアンフのデザインDNAを感じさせるフルLEDシングルヘッドライト(DRL装備)は、ワイドで逞しく、低く構えた姿をさらに強調。カーボンファイバーインフィルパネルは、タンク、フェアリング、コックピットに特別なディテールを追加し、精巧な細部へのこだわりを感じさせる。

また、1200RSよりも135mm低く、50mm前方にあるフォーカスクリップオンハンドルバーに加えて、調整された新しいフットペグ位置もアップデート。乗り降りのしやすい830mmのシート高、ナローなタンク、スカルプテッドシートプロファイルと組み合わせることで、最大限の快適性とコントロールを提供する。

トライアンフ スピードトリプル1200RRトライアンフ スピードトリプル1200RR

足回りには、最新のオーリンズ製スマートEC 2.0電子制御式セミアクティブフォークとリアモノショックを搭載する。ライディング中でも5インチTFTディスプレイを介して調整可能。高度なサスペンションコントロールユニットを使用して、ライディングスタイル、速度、加速などの情報を継続的に監視し、それに応じてコンプレッションとリバウンドダンピングの両方を自動的に調整する。1200RS同様、ブレンボ製Stylemaラジアルマウントモノブロックキャリパーや軽量タイプの320mmブレーキディスクを装備する。

パワートレーンは、1200RSに搭載する最高出力180psの1160ccトリプルエンジンを搭載。そのほか、コーナリングABS&切替式コーナリングトラクションコントロール(IMU搭載)や5つのライディングモード、トライアンフシフトアシスト(シフトアップ/シフトダウンクイックシフター)、ウィリーコントロールなど、最新技術を1200RSから継承し、安全かつ快適なライディングをサポートする。

トライアンフ スピードトリプル1200RRトライアンフ スピードトリプル1200RR

価格はクリスタルホワイト×ストームグレーが228万5000円、レッドホッパー×ストームグレーが231万7500円。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  4. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  5. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  6. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  7. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
  8. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  9. アキュラのSUV『RDX』に特別モデル、NSX と同じ工場でハンドメイド…11月米国発売
  10. MVアグスタ、スーパースポーツバイク『F3 RR』を発表…シリーズ最高峰
ランキングをもっと見る