スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂

スバル レヴォーグ
スバル レヴォーグ全 6 枚写真をすべて見る

スバルは9月に入り、主力スポーツセダン『WRX』新型を発表したが、その2.4リットル水平対向直列4気筒ターボエンジンを、『レヴォーグ』に移植することがわかった。

レヴォーグは、「LEGACY」、「REVOLUTION」、「TOURING」の単語を組み合わせた造語で、「インプレッサ」をベースに開発されたスポーツワゴンだ。初代は2014年に誕生、現行型は2020年に発売されており、これが初の一部改良新型となる。

現行型レヴォーグには高性能な派生モデルは存在せず、最高出力178psを発揮する1.8リットル水平対向4気筒ターボエンジンのみがラインアップされている。搭載される「CB18」型エンジンは先代よりも効率的ではあるが、パフォーマンスを期待する顧客には満足されていない。

そこで「WRX」新型が搭載する、2.4リットル水平対向直列4気筒ターボ「F24」型エンジンを「レヴォーグ STIスポーツ」を設定するという。WRXでは最高出力275ps、最大トルク349Nmを発揮、6速マニュアルミッション、または無段変速機「Subaru Performance Transmission」(スバル・パフォーマンス・トランスミッション)と組み合されるが、レヴォーグではそのデチューンバージョンが予想され、CVT「リアトロニック」を採用、駆動方式は全輪駆動が予想される。

スバル レヴォーグスバル レヴォーグ

パフォーマンスモデルとなる「レヴォーグSTIスポーツ」は、2021年10月に設定されると思われる。

スバル レヴォーグ、WRX新型から2.4リットル水平対向4気筒ターボ移植へ!

《Spyder7 編集部》

【画像】スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂(6枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  2. 【ネクセンタイヤ WINGUARD ice2 試乗】タテとヨコのグリップバランスが良いスタッドレスタイヤ…橋本洋平PR
  3. ブガッティ『チェントディエチ』、気温45度での耐熱テスト完了…320km/hでの走行も
  4. ルノー カジャー 次期型に日産「e-POWER」搭載はあるか? 日本再導入の可能性は
  5. 街で目立つ!!…ドゥカティ スクランブラー にアーバン・モタード[写真15点]
  6. 曙ブレーキ製品、中国・吉利汽車グループの高性能SUV「Lynk & Co 05+」に採用
  7. VW『ID.5 GTX』、EV初のSUVクーペ…市販版は11月3日発表へ
  8. 中国、経済成長に急ブレーキ…ソニーは広告法違反で1800万円罰金[新聞ウォッチ]
  9. 復活の『インテグラ』、これが市販型デザインだ!
  10. 信号機のない横断歩道、止まらない都道府県ワーストは「岡山」…JAF調べ
ランキングをもっと見る