BMW 3シリーズ 改良新型の内装をスクープ! 外観は高性能モデル「M340i」か?

BMW 3シリーズ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
BMW 3シリーズ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)全 13 枚写真をすべて見る

BMWが現在開発中の『3シリーズ』改良新型のコックピットを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて撮影することに成功した。第7世代となる現行3シリーズ(G20型)は、2019年に発売。これが初の大幅改良(LCI)となる。

ニュルブルクリンク付近で捉えたプロトタイプは、新型『M3セダン/M4クーペ』で話題となったXXLサイズの巨大キドニーグリルではなく、通常サイズであることがわかる。また厚めのサイドシル、赤いブレーキキャリパーを装備しており、高性能モデル「M340i」プロトタイプである可能性が高い。おそらくフロントフェンダーのマスキングテープの下には「M」ロゴが隠されているはずだ。後部では、ピュア「M」モデルのような極太円形パイプよりも控えめなサイズの排気口がインサートされている。

BMW 3シリーズ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)BMW 3シリーズ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)写真をすべて見る
これまで布で隠されていたキャビン内はついにアンヴェールされ、『iX』や『i4』同様のサイドバイサイドスクリーンレイアウトが確認できる。12.3インチのデジタルインストルメントクラスタ、及び14.9インチのタッチスクリーンを採用、第8世代のiDrvieインフォテインメントシステムが搭載されるはずだ。

おそらく、2つのディスプレイはフレームレスベゼルを共有しており、1つのワイドディスプレイに見えるが、インフォテインメントはユーザーエクスペリエンスを向上させるために、ドライバー方向へわずかに角度が付けられるはずだ。

改良新型では内燃機関、ハイブリッド、プラグインハイブリッドがラインアップされるが、最大の注目はフルエレクトリック『3シリーズ EV』(仮称)の設定だろう。EVは、中国市場で販売されているロングホイールベースを基盤とするが、グローバルモデルとして市販される可能性がありそうだ。

3シリーズ改良新型のワールドプレミアは、2022年夏と予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

【画像】BMW 3シリーズ 改良新型の内装をスクープ! 外観は高性能モデル「M340i」か?(13枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  2. 【ネクセンタイヤ WINGUARD ice2 試乗】タテとヨコのグリップバランスが良いスタッドレスタイヤ…橋本洋平PR
  3. ブガッティ『チェントディエチ』、気温45度での耐熱テスト完了…320km/hでの走行も
  4. ルノー カジャー 次期型に日産「e-POWER」搭載はあるか? 日本再導入の可能性は
  5. 街で目立つ!!…ドゥカティ スクランブラー にアーバン・モタード[写真15点]
  6. 曙ブレーキ製品、中国・吉利汽車グループの高性能SUV「Lynk & Co 05+」に採用
  7. VW『ID.5 GTX』、EV初のSUVクーペ…市販版は11月3日発表へ
  8. 信号機のない横断歩道、止まらない都道府県ワーストは「岡山」…JAF調べ
  9. 復活の『インテグラ』、これが市販型デザインだ!
  10. 中国、経済成長に急ブレーキ…ソニーは広告法違反で1800万円罰金[新聞ウォッチ]
ランキングをもっと見る