BMW 2シリーズ・アクティブツアラー 新型、大型グリルで変身…欧州発表

7シリーズやX7を連想させる大型キドニーグリル

新世代EVの『iX』からヒントを得たインテリア

後席に最大130mmの前後スライド機構

BMW 2シリーズ・アクティブツアラー 新型
BMW 2シリーズ・アクティブツアラー 新型全 26 枚

BMWは10月6日、新型『2シリーズ・アクティブツアラー』を欧州で発表した。BMWの小型MPVに、2世代目モデルが登場している。

新型2シリーズ・アクティブツアラーでは、シンプルに使える機能や快適性、装備の充実という点で、従来モデルやライバル車を上回る、と自負する。新型は、アクティブでライフスタイル志向のターゲットユーザーにとって魅力的な提案になるという。

7シリーズやX7を連想させる大型キドニーグリル

BMW 2シリーズ・アクティブツアラー 新型BMW 2シリーズ・アクティブツアラー 新型新型のフロントマスクには、大型のキドニーグリルが装備された。BMWの最上位モデルの『7シリーズ』や『X7』を連想させるデザインとした。スリムなヘッドライトは、フルLEDが標準となる。コーナリングライト機能、マトリックスハイビーム、アーバンライト、高速道路のビームパターン、悪天候用ライトを備えたアダプティブLEDヘッドライトは、オプションで選択できる。

従来型に対して大きくなったサイドウィンドウグラフィック、フラッシュフィットのドアハンドル、スリムなCピラーが、新型のダイナミックなシルエットを演出する効果を発揮する。 Aピラーの周りに新たに設けられたドアショルダーが、視認性を大幅に向上させているという。新型のリアには、横長でスリムなLEDテールライトを装備した。エキゾーストテールパイプは、リアバンパーに組み込まれている。

グレードに応じて、16インチや17インチのアルミホイールが標準装備された。オプションで最大19インチのアルミホイールを設定する。新型では、「ラグジュアリーライン」トリムをオーダーできる。ボディカラーには、2種類のソリッド仕上げと9種類のメタリック仕上げが用意されている。

新世代EVの『iX』からヒントを得たインテリア

BMW 2シリーズ・アクティブツアラー 新型BMW 2シリーズ・アクティブツアラー 新型新型のインテリアはキャビンの形状など、新世代EVの『iX』からヒントを得ている。スリムなインストルメントパネル、「BMWカーブドディスプレイ」、コントロールパネルを備えたフローティングアームレストが採用された。スイッチの数は、従来型に対して削減された。これらにより、プログレッシブかつプレミアムな雰囲気を追求している。

アームレストの下のスペースは収納コンパートメントとして利用できる。その前のエリアには、ゆったりとしたサイズのカップホルダーと、スマートフォンホルダーが設けられた。オプションで、スマートフォンのワイヤレス充電システムが選べる。

最大5名が乗車できる新型は、長距離を移動する時に、従来モデルよりも優れた快適性を追求する。新開発のマルチアジャスタブルシートを装備した。オプションで「Sensatec」パーフォレイテッドレザーや「Vernasca」レザー内装、スポーツシート、電動シート調整(メモリー機能付き)、ランバーサポート、マッサージ機能が用意される。運転席と助手席の間には、新開発のインタラクションエアバッグが装備されている。

後席に最大130mmの前後スライド機構

BMW 2シリーズ・アクティブツアラー 新型BMW 2シリーズ・アクティブツアラー 新型後席には、最大130mmの前後スライド機構が備わる。これに、3分割で倒せる背もたれを組み合わせて、多彩なシートアレンジを可能にした。トランク容量は、後席が通常の状態で415~470リットル。後席を倒せば、1405~1455リットルに拡大する。自動テールゲートを標準装備した。

新型には、「BMW Maps」ナビゲーションシステムを標準装備した。センターコンソールには4つのUSB-Cポート、トランクには12V電源が備わる。2ゾーンオートエアコン、スポーツレザーステアリングホイール、オートヘッドライト、レインセンサー、リバースアシストカメラによるパークアシストを採用した。先進運転支援システム(ADAS)も従来型に対して、強化されている。

高品質のインテリアトリムストリップをはじめ、インストルメントパネルとフロントドアショルダーのSensatec仕上げ、コントラストステッチがオプションで用意された。ミラーパッケージ、アンビエントライト、パノラマガラスサンルーフ、ハーマンカードン製サウンドシステムも選択できる、としている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  2. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  3. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  4. メルセデスベンツ Eクラス 次期型、プロダクションモデルを初スクープ
  5. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  6. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  7. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  8. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
  9. ポルシェクラシック、旧車のパフォーマンスを向上させるパーツを発売へ
  10. 新型EV『モデルE』、航続750km…ピニンファリーナがデザイン
ランキングをもっと見る