ブガッティ『チェントディエチ』、気温45度での耐熱テスト完了…320km/hでの走行も

ブガッティの創業110周年記念モデル

シロンをベースにEB110のモチーフを取り入れたデザイン

最大出力1600hpの8.0リットルW16気筒+4ターボ

新設計ボディやガラス製エンジンカバーなどの耐熱性能を確認

ブガッティ・チェントディエチ の耐熱テスト
ブガッティ・チェントディエチ の耐熱テスト全 22 枚写真をすべて見る

ブガッティは10月14日、世界限定10台を生産する新型ハイパーカー、『チェントディエチ』(Bugatti Centodieci)の耐熱テストを米国アリゾナ州で完了した、と発表した。

ブガッティの創業110周年記念モデル

チェントディエチは、ブガッティの創業110周年記念モデルであり、ブガッティが1990年代に生産した『EB110』へのオマージュとして開発される。車名のチェントディエチとは、イタリア語で110を意味している。

EB110は1991年に発表され、ブガッティブランドの復活を印象づけたスーパーカーだ。EB110には、パワーアップ版として「SS」が用意されていた。車名のSSとは、「スポーツ・ストラダーレ」の略だ。3.5リットルの排気量を備えたV型12気筒ガソリンエンジンに、4個のターボチャージャーを組み合わせ、最大出力611psを獲得していた。6速MTを介して、0~100km/hを3.2秒で駆け抜けるというスーパーカーだった。

EB110は、イタリアのカンポガリアーノで生産された。ブガッティの元オーナーのロマーノ・アルティオーリは、ブガッティを創業したエトーレ・ブガッティの生誕109年の1990年9月15日、イタリアに工場を開設した。そしてアルティオーリは翌1991年、エトーレ・ブガッティの110歳の誕生日に、スーパースポーツカーのEB110を公開した。ブガッティ・チェントディエチブガッティ・チェントディエチ

シロンをベースにEB110のモチーフを取り入れたデザイン

ブガッティによると、チェントディエチの開発と設計に関しては、多くの技術的課題に直面したという。EB110は1980年代後半に開発されており、非常にフラットで、くさび形の古典的デザインが特徴だ。一方、チェントディエチのベース車両の『シロン』は、複雑なエアロダイナミクスフォルムを備えており、シロンベースでEB110のようなデザインを構築することに苦労したという。

チェントディエチのフロントには、馬蹄形のラジエーターグリルを装着した。新開発のフロントスポイラーは、フロントバンパーの3分割エアインテークに似合うようにデザインされた。ノーズは非常に低く、象徴的なブガッティホースシューは、低いノーズに合わせて小型化された。これらのデザイン要素により、EB110のモチーフを再現しているという。LEDデイタイムランニングライトを組み込んだヘッドランプは、スリムなデザインが特長だ。

ボディサイドでは、BピラーのCラインが、シロンよりも大幅にコンパクト化された。5つの丸型エアインサートを、ダイヤモンドの形で配置した。W16気筒エンジンの冷却に、充分なエアインテークを備えている。ブガッティ・チェントディエチブガッティ・チェントディエチ

最大出力1600hpの8.0リットルW16気筒+4ターボ

チェントディエチのミッドシップに搭載されるパワートレインは、シロンの8.0リットルW16気筒+4ターボがベースのエンジンだ。オイルクーラーに吸気口を追加することにより、エンジンの冷却性能を引き上げるなどの専用チューンを受けた。最大出力は1500hp/6700rpmから、1600hp/7000rpmに、100hp向上している。

トランスミッションは7速デュアルクラッチ「DSG」で、駆動方式は4WDだ。チェントディエチはシロンに対して20kg軽量化されており、0~100km/h加速2.4秒、0~200km/h加速6.1秒、0~300km/h加速13.1秒の性能を発揮する。最高速は380km/h(リミッター作動)に到達する。

チェントディエチは10台のみを、フランス・モルスハイムで、ハンドメイドで組み立てる計画だ。価格は800万ユーロ(約10億6000万円)だが、10台は完売している。2022年から納車を開始する予定だ。ブガッティ・チェントディエチブガッティ・チェントディエチ

新設計ボディやガラス製エンジンカバーなどの耐熱性能を確認

ブガッティは、このチェントディエチの耐熱テストを米国アリゾナ州で完了した。耐熱テストは、アリゾナ州ツーソンの標高およそ2800m、気温45度という山岳地帯で行われた。炎天下でエアコンを全開にし、封鎖された道路を約320km/hで走行した。

ブガッティのエンジニアは、開発のすべての段階において、電気系や無線周波数、空調、給油プロセスなどの主要なシステムを何度もチェックする。チェントディエチには、200個のセンサーが装備されており、現場のエンジニアとドイツ・ヴォルフスブルクの開発チームにデータを送信する。

また、開発チームは、内装のコンポーネントと車体パーツの熱による膨張などをチェックした。新たに設計されたボディやガラス製のエンジンカバーなどの耐熱性能を、気温45度以上の環境で確認した、としている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ドライブ中の急激な眠気は「血糖」が影響していた!? そのメカニズムを専門家に聞いたPR
  2. BMW『XM』、新デザイン言語採用の電動SUV[詳細写真]
  3. トヨタ カローラ に2022年型、「GR SPORT」設定…1月末欧州発売へ
  4. タカタ製エアバッグ未改修車の車検停止で車種追加…スバル インプレッサ とシボレー ソニック
  5. マツダ CX-5 改良新型、2.5ターボは256馬力に強化…今冬米国発売
  6. BMWの新型EV『i4』、納車開始…当初計画よりも3か月前倒し
  7. カワサキ、2022年に電動モデル3機種を導入へ…EICMA 2021
  8. 【レクサス LX 新型】パイオニア製サウンドシステムを標準装着
  9. 【スバル WRX S4 新型試乗】スポーツセダンを好む多くのユーザーが待ち望んだ存在…中谷明彦
  10. メルセデスベンツの次世代EV、航続は1000kmに…『ヴィジョンEQXX』発表 2022年1月
ランキングをもっと見る