ルノー カジャー 次期型に日産「e-POWER」搭載はあるか? 日本再導入の可能性は

ルノー カジャー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
ルノー カジャー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 16 枚

ルノーのクロスオーバーSUV『カジャー』次期型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

初代となる現行型カジャーは2015年のジュネーブモーターショーで初公開。2018年には日本市場にも導入されていた。初代は日産『キャシュカイ』と同じCMF-C/Dプラットフォームを採用したが、次期型でも引き続き基盤を流用。兄弟モデルとなり、いくつかの設計要素やテクノロジーも共有するだろう。

捉えたプロトタイプは、フルカモフラージュのためディテールは不明だが、オーバーハングが短く、全体的に以前よりスポーティな印象だ。フロントエンドはよりワイドなグリルやエアインテーク、バンパー両サイドには垂直エアカーテンも確認できる。

またLEDヘッドライトが高い位置に取り付けられ、メガーヌ「E-Tech」を彷彿させる、より大胆なデザインが予想される。後部では横基調になるであろうLEDテールライトユニット、リフレクターを備え進化したリアエンドが見てとれる。

ルノー カジャー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)ルノー カジャー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

初めて撮影に成功したキャビン内は、自立型のデジタルインストルメントクラスターと、縦型の巨大インフォテインメントシステムを備えており、後者はドライバーに向かって角度が付けられているのが特徴だ。ただし安価なバージョンでは、より小さい9インチのセンターディスプレイの採用が予想される。

またタッチコントロールを備えているように見える新しいステアリングホイール、スリムな通気孔、新設計のダッシュボードも確認できる。さらに金属製のトリムや、6速マニュアルシフトを備える新デザインのセンターコンソールも見てとれる。

ルノー カジャー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)ルノー カジャー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

プラットフォームをキャシュカイと共有することにより、最高出力140ps、最大トルク158Nmを発揮する1.3リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンが搭載されるが、最高出力190psを発揮するキャシュカイの「e-POWER」システムがどうなるか要注目だ。

カジャー次期型のデビューは2022年内となるだろう。

ルノー カジャー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)ルノー カジャー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  2. 伊藤かずえの日産『シーマ』、レストア完了・披露[動画]
  3. 【ダイハツ ロッキー 新型試乗】後光がさして見える「e-SMART」の燃費…岩貞るみこ
  4. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  5. トヨタ タンドラ 新型、生産開始…ハイブリッドは2022年春から
  6. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  7. 伊藤かずえの『シーマ』、新車のように復元、NISSAN CROSSINGで12月8日より展示
  8. マツダ「CO-PILOT」を一般道で体験…2022年新モデル3車種に搭載へ
  9. トヨタ ヤリス に「GR SPORT」、2022年春欧州発売へ
  10. ルノー カジャー 後継、車名は『オーストラル』に決定…CセグSUV
ランキングをもっと見る