ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨

ホンダ シビックタイプR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
ホンダ シビックタイプR 新型プロトタイプ(スクープ写真)全 19 枚

日本では2022年の登場が予告されているホンダ『シビックタイプR』。そのプロトタイプがついにニュルブルクリンクに姿を現した。FF最速記録の更新に、期待が高まる。

常に注目が集まる「ニュル最速FF市販車レコード」。近年はホンダ「シビックタイプR」、ルノー『メガーヌR.S.』、VW『ゴルフGTI』がバトルを展開している。

記録を振り返ると、2014年に「メガーヌ R.S.トロフィーR」が7分54秒36でキングの称号を手に入れると、2016年には「ゴルフGTI クラブスポーツS」が7分47秒10で記録を更新した。2017年4月には、シビックタイプRが7分43秒8の記録を打ち立て王座に着くと、その2年後の2019年4月にメガーヌR.S.トロフィーRが7分40秒1のレコードを叩き出し、現在ニュルFF最速市販車の座に君臨している。

ホンダは2021年7月、「シビックタイプR リミテッドエディション」を鈴鹿サーキットに持ち込み、2分23秒993のラップタイムを記録。鈴鹿でのメガーヌR.S.トロフィーRの2分25秒454を抜き去っているが、ニュルでの決着はついていない。

ホンダ シビックタイプR 新型プロトタイプ(スクープ写真)ホンダ シビックタイプR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
ニュルで捉えた次期型プロトタイプは、フロントにエアスプリッター付きコーナーエアインテーク、ヘッドライトと一体化するメッシュグリルを装備。後部には、大型リアウィング、全幅に広がるストリップブレーキランプ、バンパーのインテーク、ディフューザーを装備している。フェラーリ風のトリプルエキゾーストパイプも健在だ。

パワートレインは2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載。6速マニュアルギアボックスと組み合され、駆動方式は前輪駆動を維持すると見られる。これまで最高出力は300ps~310ps程度と見られていたが、最新情報によると320ps~330psを発揮する可能性もあるという。

シビックタイプR次期型は、内燃機関を搭載する最後のタイプRと噂されている。電動化時代を前に、内燃機関ラストモデルとしてニュルで有終の美を飾ることができるか。

ホンダ シビックタイプR 新型プロトタイプ(スクープ写真)ホンダ シビックタイプR 新型プロトタイプ(スクープ写真)

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  2. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  3. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  4. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  5. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  6. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
  7. 新型EV『モデルE』、航続750km…ピニンファリーナがデザイン
  8. ポルシェクラシック、旧車のパフォーマンスを向上させるパーツを発売へ
  9. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  10. 伊藤かずえの『シーマ』レストア完了…12月7日YouTube生配信で完成車を披露
ランキングをもっと見る