空冷&水冷のハーレー、新旧スポーツスターが60年越しご対面! 10月23-24日

話題の水冷エンジン搭載スポーツスターSを全3カラー展示

ファン垂涎の1957年、初代スポーツスターも!!

駐車スペースなし、中目黒駅より徒歩6分

ハーレーダビッドソンジャパンが東京・中目黒に期間限定でオープンする「スポーツスターS カフェ」
ハーレーダビッドソンジャパンが東京・中目黒に期間限定でオープンする「スポーツスターS カフェ」全 21 枚写真をすべて見る

水冷エンジン搭載のスポーツスターSを目の当たりに!

ハーレーダビッドソンジャパンが東京・中目黒に期間限定でオープンする「スポーツスターS カフェ」ハーレーダビッドソンジャパンが東京・中目黒に期間限定でオープンする「スポーツスターS カフェ」ハーレーダビッドソンジャパン(以下、HDJ)が10月23日、24日の2日間、東京・中目黒に期間限定のポップアップカフェ「スポーツスターS カフェ」をオープンする。

『スポーツスターS』はバイクファンらの間で話題沸騰中のニューモデル。シート高755mmのロースタイル、17インチのマッシブなフロントタイヤを持つ車体に、新開発の1252cc水冷60度Vツイン「Revolution MAX1250T」エンジンを搭載する。

ハーレーダビッドソンジャパンが東京・中目黒に期間限定でオープンする「スポーツスターS カフェ」ハーレーダビッドソンジャパンが東京・中目黒に期間限定でオープンする「スポーツスターS カフェ」スポーツスターは1957年に初代が誕生し、以来、ハーレーダビッドソンの人気シリーズとして、いつの時代もラインナップに名を連ねてきた。ロングストローク設計のOHV2バルブ空冷45度Vツインは改良が重ねられ、1986年にはショベルヘッドからエボリューションエンジンへと進化。排気量は“パパサン”と親しまれる883ccと1200ccの2本立てが長らく続いてきた。

ホンダ・スーパーカブと生まれ年を同じにする超ロングセラーモデルで、世界中に熱狂的ファンがいるスポーツスター。今回の新型は、60年以上も受け継いできた空冷エンジンを水冷化するとあって、きわめて注目度が高い。

足つき性良く、女性にも人気!

ハーレーダビッドソンジャパンが東京・中目黒に期間限定でオープンする「スポーツスターS カフェ」ハーレーダビッドソンジャパンが東京・中目黒に期間限定でオープンする「スポーツスターS カフェ」発表以来、『スポーツスターS』の反響は高く、プロダクトチャンピオンの田中さん(HDJ)は「エンジンがパワフルになったのはもちろん、車体が軽くなり、これまで以上に扱いやすくなっています。足つき性がよく、大型ビギナーやリターンライダー、女性にも早くも人気となっています」と、教えてくれた。

「スポーツスターS カフェ」では、HDJスタッフに気になる点を質問することもできるかもしれない。

本邦初の3色揃い踏み!

ハーレーダビッドソンジャパンが東京・中目黒に期間限定でオープンする「スポーツスターS カフェ」ハーレーダビッドソンジャパンが東京・中目黒に期間限定でオープンする「スポーツスターS カフェ」「スポーツスターS カフェ」では、バイクファンから熱視線を浴びる新型車両の全カラーを勢揃いさせるから見逃せない。ビビッドブラック=黒、ストーンウォッシュドホワイト=白、ミッドナイトクリムゾン=深紅、すべての日本モデルの実車を目のあたりにできる本邦初の機会となる。

また、ファン垂涎の1957年式初代『XLスポーツスター』も飾られるほか、往年のカタログなどもディスプレイ。ハーレーダビッドソンのアパレル展示、煎りたてカフェメニューの販売(ROJU中目黒による)などもおこなわれる。

四輪・二輪とも駐車スペースはないので、公共交通機関を利用すること。東京メトロと東急の中目黒駅より徒歩6分だ。

■名称:「スポーツスターS カフェ」
■日時:10月23日(土)10時00分~20時00分、10月24日(日)10時00分~17時00分
■会場:東京都目黒区中目黒1-9-3 ROJU中目黒内
■問い合わせ:ハーレーダビッドソンカスタマーサービス TEL 0800-080-808

《青木タカオ》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ドライブ中の急激な眠気は「血糖」が影響していた!? そのメカニズムを専門家に聞いたPR
  2. タカタ製エアバッグ未改修車の車検停止で車種追加…スバル インプレッサ とシボレー ソニック
  3. トヨタ カローラ に2022年型、「GR SPORT」設定…1月末欧州発売へ
  4. EVの補助金、80万円に引き上げ 経産省
  5. 子育て世代の軽自動車、利用率トップは『ワゴンR』…満足度は『スペーシア』
  6. 【ヤマハ YZF-R7 開発者に聞く】「長いバンクセンサーは限界域の高さの裏返し」MT-07との違いとは
  7. 【スバル WRX S4 新型試乗】スポーツセダンを好む多くのユーザーが待ち望んだ存在…中谷明彦
  8. 【トヨタ アクア 新型試乗】ヤリスとは違う、日本専用だからできた「小さな高級車」…御堀直嗣
  9. カワサキ、2022年に電動モデル3機種を導入へ…EICMA 2021
  10. AUTECHブランド初のコンパクトクロスオーバーモデルは上質と安らぎに満ちていたPR
ランキングをもっと見る