商用車にもAMG !? メルセデスベンツ『シタン45』設定のウワサ

メルセデス AMG CITAN 45 予想CG
メルセデス AMG CITAN 45 予想CG全 6 枚写真をすべて見る

メルセデスベンツは、2021年8月、小型ミニバン/商用車の『シタン』新型を発表、翌9月から欧州で受注開始しているが、高性能AMGバージョンが設定されると噂されている。

初代シタンは、ルノーと提携して「カングー」をベースに開発、2012年に誕生したLCV(経商用車)だ。新型では、ルノー日産三菱アライアンスと開発されるが、フロントマスクをはじめほぼすべてのコンポーネントに専用デザインが採用されている。

市販型では、乗用車バージョンと商用車バージョンが設定されているが、驚くのは商用車のパネルバンにAMGが予想されていることだ。おなじみの「X-Tomi デザイン」がその姿を予想する。

ベースモデルには3本のダブルルーバーをグリル内に装備するが、AMGでは同じパナメリカーナグリルを採用、コーナーエアインテークにはエアガイドを備え、かなりアグレッシブなデザインだ。

メルセデスベンツ CITAN 新型メルセデスベンツ CITAN 新型

側面からは、赤いブレーキキャリパーを備える巨大ホイール、サイドスカート、リアエンドにはスポーティなフールスポイラーを装備、ミニバンとしても商用車としても、実に格好良い仕上がりとなっている。

キャビン内では最新の「MBUX」を搭載、7インチタッチスクリーン、タッチコントロールスイッチを備えるステアリングホイール、「ハイ、メルセデス」の声に反応する音声制御システムなどをベースモデルと共有するが、カーボンファイバートリムなどスポーティな室内アップグレードは必須となるだろう。

メルセデスベンツ CITAN 新型メルセデスベンツ CITAN 新型

シタンのパワートレインは、最高出力102hpを発揮する1.3リットル直列4気筒「シタン110」、最高出力131hpを発揮する「シタン113」、最高出力95hpを発揮する1.5リットル直列4気筒ディーゼル「シタン110CDI」が設定されるが、AMGチューンされる「シタン45」では、最高出力200hpオーバーにブーストアップされる見込みだという。

商用車がこんな過激でいいの!? メルセデスベンツ『シタン』新型、高性能AMGバージョン設定の噂

《Spyder7 編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ アクア 新型試乗】ヤリスとは違う、日本専用だからできた「小さな高級車」…御堀直嗣
  2. ジムニー専用ハイマウントリアカメラキット発売…ウォッシャーノズルと一体化
  3. 【ヤマハ YZF-R7 開発者に聞く】『R7』を名乗る葛藤と決意「新しい時代のスーパースポーツです」
  4. スズキのコンパクトSUV、『Sクロス』登場…SX4 Sクロス 後継[詳細写真]
  5. 【スバル WRX S4 新型試乗】ゴキゲンな走りに笑いが止まらない!?…桂伸一
  6. アウディ RS3スポーツバック&セダン 新型を日本発表…コンパクトパフォーマンス、価格は799万円から
  7. BMW、新型 M2 や M4 クーペ の高性能版を計画…2022年
  8. 【ホンダ 将来安全技術】立ちゴケしない二輪姿勢制御技術…より自然な操縦ができるよう改良
  9. 大きすぎるリスク…横浜市の新交通システム、横浜シーサイドラインが「参画せず」
  10. 意外? 実は日本最古の自動車会社だったメーカー
ランキングをもっと見る