「道の駅」を長距離物流の中継拠点に---ヤマト運輸が実証実験へ

クロネコヤマト
クロネコヤマト全 2 枚

ヤマト運輸と北海道開発局旭川開発建設部は10月20日、「道の駅・もち米の里 なよろ」の駐車場を長距離物流の中継輸送拠点として活用する実証実験を11月上旬から中旬にかけて複数回実施すると発表した。

実証実験は幹線道路沿いに立地し、休憩機能を持つ「道の駅」の特徴を活かして、「道の駅」駐車場の一部を長距離物流の中継拠点として活用する。これによってトラックドライバーの長時間労働の解消を図る。

実験を実施する北海道は広域分散型地域構造で、トラックドライバーの長時間労働が負担で、物流の維持の大きな課題となっている。地域の暮らしや産業を支える物流を維持するため、実証実験を通じて「道の駅」を中継輸送拠点とすることの可能性を検討する。

なぜ今、EV/PHEVが注目されるのか。電気自動車(EV)の導入に大きく動いているのは欧州だ。欧州連合(EU)は、2035年までに……

道の駅を中継輸送拠点に活用する実証実験の概要道の駅を中継輸送拠点に活用する実証実験の概要

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  2. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  3. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  4. 伊藤かずえの『シーマ』、新車のように復元、NISSAN CROSSINGで12月8日より展示
  5. 阪和道などの4車線化工事が12月18日完成、大阪⇔和歌山が便利に
  6. マツダ3、250馬力の2.5ターボ設定…2022年型を今冬米国発売
  7. メルセデスベンツ Aクラス、現行初の大幅改良へ…新メッシュグリル見えた!
  8. ルノー カジャー 後継、車名は『オーストラル』に決定…CセグSUV
  9. トヨタがWRCで戦うGR YARIS Rally1 を公開、豊田社長デモラン
  10. テスラ『サイバートラック』、4モーター車から生産へ…2022年
ランキングをもっと見る