0-100km/h加速4.2秒の巨大SUV…アルピナ XB7 改良新型も上下二段ライトで登場

アルピナ XB7 プロトタイプ(スクープ写真)
アルピナ XB7 プロトタイプ(スクープ写真)全 19 枚

BMW『M340i』をベースとするアルピナ『B3』改良新型プロトタイプに続き、今度は上級クロスオーバーSUV『X7 M50i』をベースとする『XB7』プロトタイプを初スクープした。

アルピナ開発車両特有の「OAL」プレートの代わりに「M」プレートが装着されたプロトタイプの後部には、クワッドエキゾーストパイプが見える。足回りにアルピナブレーキ、フルスポークデザインではないが、やはり同ブランドの5スターホイールが装着されている点からもアルピナで間違いない。

アルピナ XB7 プロトタイプ(スクープ写真)アルピナ XB7 プロトタイプ(スクープ写真)
フロントエンドは、X7 改良新型でも話題の上下二段スプリットヘッドライトを踏襲するが、フロントバンパーやリアバンパーには専用テイストが取り込まれるはずだ。キャビン内は『iX』でみられる、カーブした湾曲ダッシュボードが採用されるだろう。

パワートレインは、4.4リットルV型8気筒ツインスクロールターボエンジンをキャリーオーバー。最高出力は621psを発揮し、0-100km/h加速を4.2秒で駆け抜ける7人乗りの巨大SUVとなる。

ベースとなるX7は2022年前半にデビュー予定で、アルピナバージョンは直後に続くことが予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ミドシップスポーツカー開発開始!!…トヨタ、ダイハツ、スズキ共同
  2. 伊藤かずえ感涙、愛車の日産 シーマ がピカピカになって帰ってきた[写真37点]
  3. 「こいつ…、動くぞ」総排気量7ccの超小型エンジン組み立てキット 予約開始
  4. 伊藤かずえの日産『シーマ』、レストア完了・披露[動画]
  5. マツダ CXシリーズの長男、『CX-9』に2022年型…全車2.5ターボ+AWDに
  6. キャンピングカー人気ランキング…高額軽キャン『AMAHO』が初のランクイン 11月
  7. 【ダイハツ ロッキー 新型試乗】後光がさして見える「e-SMART」の燃費…岩貞るみこ
  8. 【SEMA SHOW 2021】 “トーヨータイヤ イチバン!” 北米市場で圧倒的な支持率を誇るTOYO TIRESに大注目PR
  9. ホンダの新オフロード仕様、「トレイルスポーツ」…第一弾『パスポート』は今冬米国発売へ
  10. ジープ ラングラー、欧州はPHVのみに…2022年モデル
ランキングをもっと見る