ヤマハ TMAX 新型、2022年夏以降国内導入へ…コネクテッド機能搭載[写真29点]

ヤマハ TMAX Tech MAX
ヤマハ TMAX Tech MAX全 29 枚

ヤマハ発動機は、11月25日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」に新型『TMAX Tech MAX』および『TMAX』を出展。2022年3月より欧州で、2022年夏以降(予定)に日本で発売すると発表した。

TMAXは、スポーティな走行性能とオートマチックの利便性を高い次元でバランスさせたオートマチックスポーツコミューター。発売21年目を迎えるロングセラーのTMAX 2022年モデルは「Maximize the Moment」をコンセプトに開発した。

2022年モデルはTMAXらしいスポーティさを受け継ぎながら、一回りコンパクトなスタイリングに刷新した。また、スマートフォンと接続し、ツーリングの楽しさを拡張する7インチ高輝度TFTカラーディスプレイを搭載。10本スポークの軽量「スピンフォージドホイール」と新タイヤの採用、サスペンションセッティング変更により走行性能を高めた。

また、走行性能に調和させた新ライディングポジションや、ボタンプッシュで3段階調整(±15mm)可能なアジャスト式バックレスト、同社初の電動タンクキャップなどエルゴノミクスに配慮した新しい機能・装備、整数倍音に着目したサウンドチューニングなど、ブラッシュアップを図っている。

ヤマハ TMAX Tech MAXヤマハ TMAX Tech MAX

TMAX Tech MAXは、TMAXをベースに、クルーズコントロールシステム、電動調整式スクリーン、グリップウォーマー、メインシートヒーター、調整機能付きリアサスペンション、夜間の視認をサポートする光るスイッチ(一部「TMAX」にも採用)を搭載し、快適性を高めた上級モデルだ。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 日産『シルビア』復活!…メーカーが本気になるワケがあった
  2. ランボルギーニ初のオフロード・スーパーカー『ステラート』、まさかの市販化へ
  3. 板チョコのようなEV向け電池、航続は1個200km…交換は1分で
  4. 「眩しい!」をなくしてデザインや質感を作り込む…マツダの新型車開発
  5. 【マツダ CX-3 新型試乗】小さな高級車好みに刺さる「Super Edgy」…島崎七生人
  6. 【アクア vs ヤリス 比較】デザイン・居住性・使い勝手・運転のしやすさはどっちが上?
  7. 【ダイハツ アトレー 新型】発売1か月で月販目標の8倍、「第三の居場所」人気で
  8. まさに「プチ・ハイエース」!ダイハツ アトレー プレミアムVer.…東京オートサロン2022[詳細画像]
  9. 『CX-50』が日本になくても嘆く必要なし? 「CX-5フィールドジャーニー」との共通点とは
  10. スバル STI E-RAのデザインは、空力と低重心感…東京オートサロン2022[インタビュー]
ランキングをもっと見る