走るログ小屋『イマーゴ・イーテル』が走行して展示会場へ 11月21日

イマーゴ・イーテル
イマーゴ・イーテル全 13 枚写真をすべて見る

アールシーコアが展開するログハウスの「BESS(ベス)」は“走るログ小屋”『IMAGO iter(イマーゴ・イーテル)』を、11月21日に千葉市で開催される15th Street VWs Jamboreeに出展する。東京都昭島市から現地まで走行して移動する。

展示イベントのStreet VWs Jamboreeは、内外出版社が発行するフォルクスワーゲン専門誌『STREET VWs』が主催する空冷フォルクスワーゲンの祭典だ。

イマーゴ・イーテルは10月16日に発売された、自動車でけん引して移動できる可動式のログ小屋だ。コロナ禍によりプライベートな空間で過ごす時間が増え、ワークスペース含めた自宅環境の見直しや自然豊かな環境への移住や移動への関心が高まっている。自宅環境の見直しという点では、アールシーコアで2016年より販売中の、建てるタイプのログ小屋(IMAGO-R、IMAGO-Aの2モデル)の申し込み数が、2021年4~8月で前年比221%になっているそうだ。

そして、新たな暮らしの楽しみの選択肢としてアールシーコアは、車でけん引して移動ができる車輪付きイマーゴ=“走るログ小屋”を新商品として開発した。「自分の暮らしごと自由に移動する」ためのアールシーコアからの提案だ。国内ログハウスシェア1位の「BESS」で初めて、住宅ではなく「車両」カテゴリーの商品を発売した。

走るログ小屋、イマーゴ・イーテル

BESSでは12フィートサイズの「IMAGO iter」と20フィートサイズの「IMAGO X(イマーゴ・エックス)」の2モデルをラインナップしている。今回、イベント出展するのはイーテルだ。価格は未塗装本体価格が消費税込み386万円から。重量が2000kgを超えるため、牽引運転するためには牽引第一種免許が必要になる。牽引車は、12フィートサイズで中型SUV以上、20フィートサイズで大型SUV以上が目安だ。

今回の展示では、通常展示場所の「LOGWAY BESS多摩」から、実際のけん引走行で、ジャンボリー会場のフェスティバルウォーク蘇我に移動する。LOGWAY BESS多摩を展示前日の20日13時頃に出発、16時頃にフェスティバルウォーク蘇我に到着予定となっている。

Street VWs JamboreeStreet VWs Jamboree

《高木啓》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ドライブ中の急激な眠気は「血糖」が影響していた!? そのメカニズムを専門家に聞いたPR
  2. タカタ製エアバッグ未改修車の車検停止で車種追加…スバル インプレッサ とシボレー ソニック
  3. トヨタ カローラ に2022年型、「GR SPORT」設定…1月末欧州発売へ
  4. EVの補助金、80万円に引き上げ 経産省
  5. 子育て世代の軽自動車、利用率トップは『ワゴンR』…満足度は『スペーシア』
  6. 【スバル WRX S4 新型試乗】スポーツセダンを好む多くのユーザーが待ち望んだ存在…中谷明彦
  7. 【ヤマハ YZF-R7 開発者に聞く】「長いバンクセンサーは限界域の高さの裏返し」MT-07との違いとは
  8. 【トヨタ アクア 新型試乗】ヤリスとは違う、日本専用だからできた「小さな高級車」…御堀直嗣
  9. カワサキ、2022年に電動モデル3機種を導入へ…EICMA 2021
  10. AUTECHブランド初のコンパクトクロスオーバーモデルは上質と安らぎに満ちていたPR
ランキングをもっと見る