モノレールの分岐ポイントが作動するのを間近に見る[動画]

ポイント作動
ポイント作動全 5 枚写真をすべて見る

係員が「お願いします」というと巨大な鉄の部品が動き出した。千葉都市モノレールの萩台車両基地で、ポイント(分岐レール、スイッチ)の作動の実演だ。きゅううん、ぶうん。金属同士の摩擦音か、若干の音を立てながら、意外と速く動く。がっこん、きゅるるる。モノレールの進路が変更された。

京成グループの京成トラベルサービスでは、京成電鉄・千葉都市モノレールの後援で、11月13・23日に「3600形&アーバンフライヤー0形で行く! モノレール車両基地見学ツアー」を開催した。廃車が進む京成3600型電車に乗り、千葉都市モノレールの萩台車両基地を見学するマイクロツーリズムだ。

千葉都市モノレールは、サフェージュ式というタイプのモノレールで、“レール”は四角い筒(箱)だ。四角い筒の中を台車が走り、筒の下部に開けられたスリットから車体を吊り下げるようになっている。分岐・合流ポイントでは上下逆のT字型パーツがスライド移動してスリットの位置を変更する。

モノレールでも駅のホームからレールを間近に見ることはできるが、ホームの途中にポイントが設けられることはほぼないので、車両基地見学会はポイントをそばで見るまれなチャンスだ。しかも電車が来るのを待たずとも、こちらのリクエストで動かしてくれるのはなかなぜいたくだ。

3600形&アーバンフライヤー0形で行く! モノレール車両基地見学ツアー3600形&アーバンフライヤー0形で行く! モノレール車両基地見学ツアー

[フォトレポート]> ターボくんとアーバンフライヤーに乗る…京成×千葉モノレールがコラボツアー

3600形&アーバンフライヤー0形で行く! モノレール車両基地見学ツアー3600形&アーバンフライヤー0形で行く! モノレール車両基地見学ツアー

《高木啓》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ドライブ中の急激な眠気は「血糖」が影響していた!? そのメカニズムを専門家に聞いたPR
  2. タカタ製エアバッグ未改修車の車検停止で車種追加…スバル インプレッサ とシボレー ソニック
  3. トヨタ カローラ に2022年型、「GR SPORT」設定…1月末欧州発売へ
  4. EVの補助金、80万円に引き上げ 経産省
  5. 子育て世代の軽自動車、利用率トップは『ワゴンR』…満足度は『スペーシア』
  6. 【スバル WRX S4 新型試乗】スポーツセダンを好む多くのユーザーが待ち望んだ存在…中谷明彦
  7. 【ヤマハ YZF-R7 開発者に聞く】「長いバンクセンサーは限界域の高さの裏返し」MT-07との違いとは
  8. 【トヨタ アクア 新型試乗】ヤリスとは違う、日本専用だからできた「小さな高級車」…御堀直嗣
  9. カワサキ、2022年に電動モデル3機種を導入へ…EICMA 2021
  10. AUTECHブランド初のコンパクトクロスオーバーモデルは上質と安らぎに満ちていたPR
ランキングをもっと見る