伊豆急で元JR東日本209系の撮影会…ラッピング前の無塗装姿で展示 12月11日

伊豆急行に入線した元JR東日本209系。撮影会では帯を取り除いた無塗装状態で展示される。
伊豆急行に入線した元JR東日本209系。撮影会では帯を取り除いた無塗装状態で展示される。全 1 枚写真をすべて見る

静岡県の伊豆急行は11月24日、JR東日本から譲渡された209系通勤型電車の撮影会を12月11日に伊豆高原駅(静岡県伊東市)で開催すると発表した。

同車はJR東日本幕張車両センターに配置されていた房総用の2100番台で、今年3月のダイヤ改正でE131系が導入されたことに伴ない余剰となっていたもの。Twitterの情報によると7月には6両編成のC609編成、11月には6両編成を4両編成に短縮したC601編成が伊豆急入りしているという。

今後、伊豆急では2022年春の運用開始を目指して検査や改造、ラッピング化が進められるが、今回の撮影会ではラッピング前の無塗装の姿で展示される。

撮影会は4回に分けて20分ずつ行なわれ、開催時間は1回目が10時15分から、2回目が10時45分から、3回目が11時15分から、4回目が11時45分から。参加は各回100人が上限。

鉄道利用者限定となるため、参加には乗車券類の提示が必要。ICカードや片道乗車券利用などの場合は、伊豆高原駅で8時30分~11時30分に配布する鉄道利用証明書が必要。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ドライブ中の急激な眠気は「血糖」が影響していた!? そのメカニズムを専門家に聞いたPR
  2. タカタ製エアバッグ未改修車の車検停止で車種追加…スバル インプレッサ とシボレー ソニック
  3. トヨタ カローラ に2022年型、「GR SPORT」設定…1月末欧州発売へ
  4. EVの補助金、80万円に引き上げ 経産省
  5. 子育て世代の軽自動車、利用率トップは『ワゴンR』…満足度は『スペーシア』
  6. 【スバル WRX S4 新型試乗】スポーツセダンを好む多くのユーザーが待ち望んだ存在…中谷明彦
  7. 【ヤマハ YZF-R7 開発者に聞く】「長いバンクセンサーは限界域の高さの裏返し」MT-07との違いとは
  8. 【トヨタ アクア 新型試乗】ヤリスとは違う、日本専用だからできた「小さな高級車」…御堀直嗣
  9. カワサキ、2022年に電動モデル3機種を導入へ…EICMA 2021
  10. AUTECHブランド初のコンパクトクロスオーバーモデルは上質と安らぎに満ちていたPR
ランキングをもっと見る