紀勢本線のサイクルトレイン、通年実施へ…実証実験中、9割近くが「満足」 12月1日から

実証実験中の9月1日~11月15日は、半数以上の利用者が和歌山県在住者で、ほとんどがサイクリング目的だったという、きのくに線サイクルトレイン。
実証実験中の9月1日~11月15日は、半数以上の利用者が和歌山県在住者で、ほとんどがサイクリング目的だったという、きのくに線サイクルトレイン。全 2 枚写真をすべて見る

JR西日本和歌山支社は11月24日、紀勢本線(きのくに線)のサイクルトレインを12月1日から通年実施すると発表した。

このサイクルトレインは「『サイクリング王国わかやま』の環境をより充実させ、サイクリング推進によるきのくに線のご利用の促進を図るため」として、9月1日から紀伊田辺~新宮間の普通列車で実証実験が行なわれてきた。

その間、11月15日までの利用者数は1004人に上り、1日あたりでは最大59人の利用があった。また、利用者アンケートでは5段階の満足度で4と5が89%を占める良好な結果となった。

JR西日本和歌山支社ではこれらの結果を踏まえ、実証実験中、トラブルや混乱もなく、利用者からの継続の要望が高かったとして、通年実施に踏み切ることになった。

ホーム上でのきのくに線サイクルトレイン利用イメージ。ホーム上でのきのくに線サイクルトレイン利用イメージ。

実証実験中は、終日、自転車を持ち込める日が土休日のみで、平日は9~17時の持込みに限られていたが、通年実施では要望を受けて平日が9時~終電の持込みに変更される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ドライブ中の急激な眠気は「血糖」が影響していた!? そのメカニズムを専門家に聞いたPR
  2. トヨタ カローラ に2022年型、「GR SPORT」設定…1月末欧州発売へ
  3. タカタ製エアバッグ未改修車の車検停止で車種追加…スバル インプレッサ とシボレー ソニック
  4. 【スバル WRX S4 新型試乗】スポーツセダンを好む多くのユーザーが待ち望んだ存在…中谷明彦
  5. EVの補助金、80万円に引き上げ 経産省
  6. 子育て世代の軽自動車、利用率トップは『ワゴンR』…満足度は『スペーシア』
  7. 【ヤマハ YZF-R7 開発者に聞く】「長いバンクセンサーは限界域の高さの裏返し」MT-07との違いとは
  8. 【シトロエン C4 & e-C4 海外試乗】醸し出す柔らかさはシートだけではない…南陽一浩
  9. 【スズキ アルト 新型】7年ぶりのフルモデルチェンジ、マイルドハイブリッド搭載…ティザー[画像11点]
  10. BMW M専用のSUV『XM』登場 2022年から市販
ランキングをもっと見る