【ダイハツ ロッキー e-SMART HYBRID】クラス最廉価のハイブリッドSUV[詳細画像]

ダイハツ ロッキー e-SMART HYBRID
ダイハツ ロッキー e-SMART HYBRID全 38 枚

ダイハツのコンパクトSUV『ロッキー』に、待望のハイブリッド車が追加され話題となっている。1.2リットルエンジンを発電機として使い電気モーターで走るシリーズ式ハイブリッドで、その名は「e-SMART HYBRID(e-スマートハイブリッド)」。今回は撮り下ろし写真、38枚を紹介する。

搭載する1.2リットルエンジンは新開発。発電専用とすることでシンプルな構造とコンパクトなサイズを実現。100%モーターでの走行となるため、低・中速走行に強く、街乗りでの使用頻度が高い小さなクルマに適したハイブリッドシステムだとダイハツは説明する。

ダイハツ ロッキー e-SMART HYBRIDダイハツ ロッキー e-SMART HYBRID

気になるのはその燃費。ハイブリッド専用に最適化した新エンジンと、発電・充電制御の最適化により、コンパクトSUVクラストップレベルとなる28.0km/リットル(WLTCモード)を実現。また、ハイブリッドシステムを搭載したコンパクトSUVでは「クラス最廉価」(211万6000円から)を実現しているのもダイハツならではのこだわりだ。

外観上の大きな変化はないが、ブルーの縁取りが施されたダイハツエンブレムとフロントグリル、フロントフェンダーの「e-SMART HYBRID」エンブレムが差別化ポイントとなっている。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ルームミラー交換アダプターが新登場…ミラー型ドラレコやデジタルミラーにも対応
  2. 【マツダ CX-3 新型試乗】小さな高級車好みに刺さる「Super Edgy」…島崎七生人
  3. 高速道路の通行料金2割引も、「ETC2.0」への乗り換えのメリットとは?
  4. トヨタの新型SUV、タンドラ ベースの可能性も…ティザー
  5. メルセデスAMG『GLE 63』改良新型を初スクープ!新ハンドル形状も確認
  6. 社用車の絶対王者プロボックス…東京オートサロン2022で見つけた6台
  7. VW ゴルフ に新たな高性能モデルか「非常に速い」 2月発表へ
  8. まさに「プチ・ハイエース」!ダイハツ アトレー プレミアムVer.…東京オートサロン2022[詳細画像]
  9. デンソー、III型オルタネーター事業を中国・華川電装に譲渡
  10. アウディ TT、新色のマットカラーが選択可能に…欧州仕様
ランキングをもっと見る