社用車の絶対王者プロボックス…東京オートサロン2022で見つけた6台

社用車の絶対王者プロボックスのカスタムは驚きの連続!オートサロンで見つけた6台をピックアップ
社用車の絶対王者プロボックスのカスタムは驚きの連続!オートサロンで見つけた6台をピックアップ全 39 枚

無駄を省いた質実剛健な商用車はシンプルだけにカスタム次第で自分流にアレンジできるのが魅力。それを知ってるユーザーからもてはやされているベース車がプロボックスだ。

街中で良く見るあのライトバン形状の営業車、そんな商用2BOXのプロボックスもちょっと手を加えると大きくイメチェン可能となる。リフトアップを施してオフ系のタイヤ&アルミホイールを履きこなすだけで見違える車に仕上がるし、近年の乗用車には無い無骨さがかえって味になるのもこの手のカスタムの魅力。アウトドア指向のカスタムを好むユーザーにもぴったりのカスタム例も多いので要チェックだ。

RAPTORJAPANが展示したプロボックス。ラプターライナーを使って全塗装された外装は使い込まれた工具やアウトドアギアを思わせる雰囲気がある。2インチのリフトアップに加えてルーフキャリア、LEDライトバーを加えることによってアウトドアで活躍するレジャービークルのイメージを取り入れている。

クリムソンがプロデュースしたプロボックスはランドローバー純正色であるタスマンブルーでマットペイントの装いが印象的。ホイールにはクリムソンのディーン・クロスカントリーを履きこなしオールテレーンタイヤとの組み合わせでオフイメージを取り入れた。ライのラックのキャリアなどもおしゃれ感を取り入れるには最適。

グリルバーやルーフラック、さらにはバックドアにテントを接合させたアウトドアに最適なアレンジを提案したバックアップデザインLX-MODEのプロボックス。2BOXの荷室にレジャーギア満載でキャンプに出かけるにはぴったりの仕様と言えるだろう。

フレックスが展開するリノカ。クルマをオリジナルでリノベーションして新しい価値を提案するシリーズだ。プロボックスには往年の欧州車テイストを込めた丸目2灯のフェイスをビルトイン。バンパーデザインやウインカー形状なども徹底してこだわる。

プロボックスをスポーティにドレスアップしたのはEXTEND prime of visionのスポーツスタイルイバージョン。グッとリップを突き出すスポーティ形状のフロントエアロは塗り分けでさらに大胆に。オーバーフェンダーやリアウイングなどでフォルムを決めた。

EXTEND prime of visionがスポーツアレンジを施したもう一台のプロボックスがこちら。カナード形状のリップスポイラーやブリスターフェンダーなど、かなりスポーティで大胆な外装モディファイが施されている。ウイングもかなりロングなデザインで迫力満点。

社用車の絶対王者プロボックスのカスタムは驚きの連続!オートサロンで見つけた6台をピックアップ ~ショーカーライブラリー~

《土田康弘》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMW 3シリーズ セダン 改良新型、表情変化…欧州発表
  2. BMW 3シリーズ ツーリング 改良新型、「カーブドディスプレイ」初採用…欧州発表
  3. アバルト最速の限定車「695エッセエッセ」、400台を日本導入…価格は470万円
  4. 三菱 アウトランダー PHEV 新型、EVモードの航続拡大…2022年後半米国発売へ
  5. 【ハーレー ナイトスター 試乗】注文殺到!? これが新世代スポーツスターのスタンダードだ…青木タカオ
  6. [2022年自動車税]お得なキャンペーン…au PAY・FamiPay・ペイジー
  7. メルセデスベンツ GLC 新型、6月1日発表へ
  8. フェラーリが日本の伝統文化に着想、1台限りの『ローマ』発表
  9. アウディ A1 のSUV、新車名は「オールストリート」…欧州2023年モデル
  10. 日産 Z 新型、405馬力ツインターボ搭載…今夏米国発売へ
ランキングをもっと見る