「バスの来ないバス停」がある---豊橋市で報告会 3月13日

アンキカフェ・バス停
アンキカフェ・バス停全 6 枚

愛知県豊橋市に、バスの来ないバス停があるという。このバス停は、認知症の人やその家族が集う認知症カフェ「アンキカフェ(神野新田町ワノ割)」の敷地の一角にあるが、いくら待ってもバスが来ることはない。

その理由は、認知症の人がバスに乗って遠くに行ってしまい、行方不明になってしまうのを防ぐためだ。認知症の人がバスに乗ろうとするのには、明確に自分の意思があることがほとんどだそうだ。「家族に会いに行きたい」、「家に帰りたい」といった目的だ。しかし、認知症の人は5分ほど経つと、自分が何をしたかったのか忘れてしまうことが多いため、「いったんこのバス停で待ってみましょう」とうながし、落ち着くまで過ごす場所として利用されている。

「行きたい」という意思を尊重するために考えられたこのバス停は、設置の趣旨に賛同した豊橋鉄道が、かつて使用されていた本物のバス停をアンキカフェに譲渡して実現した。

豊橋市では、企業や団体による認知症への取り組みなどを共有し、認知症になっても安心して暮らせるまちをめざして、定期的に「認知症まちづくり報告会」を行なっている。次回は3月13日に開催を予定、バスの来ないバス停を設置している認知症カフェと、豊橋鉄道地元が認知症への取り組みを報告する。

報告会はオンラインで実施、事前に豊橋市ホームページより申し込みが必要。

アンキカフェ・バス停アンキカフェ・バス停

《高木啓》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【BMW 320d ツーリング 新型試乗】10年経っても一線級、乗用ディーゼルが生き残る術はないのか?…中村孝仁
  2. 日産 GT-R、北米向け生産を10月に終了…最終限定車「スカイライン・エディション」発表
  3. メルセデスAMG『SL』新型に特別なゴールドまとう世界100台の限定車
  4. ホンダ『シビック』、米国初設定のハイブリッドは200馬力…2025年型を発売
  5. トヨタ『クラウン・シグニア』…米版エステートは全車AWDや広大な荷室が特徴[詳細画像]
  6. 日本発の高性能EV『アウル』、最高速438.7km/hを記録…世界最速の電動ハイパーカーに
  7. トヨタ『ヤリス』次期型は2025年末登場か、ハンマーヘッド&新エンジン搭載でスポーティ感アップ!?
  8. レクサス『GX』新型、移動キッチンカーに…リアは観音開きに変更
  9. じ~ん。ポルシェを手に入れた瞬間の幸福
  10. 紙のカタログにはオンラインにはない“夢”があった…初代BMW 1シリーズ【懐かしのカーカタログ】
ランキングをもっと見る