ジャガー、ルマン優勝35周年記念車を設定…550馬力の『F-PACE』に

ルマン参戦車を連想させるミッドナイトアメジストのボディカラー

0~100km/h加速4.0秒で最高速は286km/h

「SVR」チューニングでパフォーマンスを追求

ジャガー F-PACE SVR の「エディション1988」
ジャガー F-PACE SVR の「エディション1988」全 13 枚

ジャガーカーズ(Jaguar Cars)は6月1日、SUV『F-PACE』の高性能グレード「SVR」に、「エディション1988」を設定し、世界限定394台を発売すると発表した。ルマン24時間耐久レースでの勝利から、およそ35年を迎えることを記念する。

◆ルマン参戦車を連想させるミッドナイトアメジストのボディカラー

ジャガー F-PACE SVR の「エディション1988」ジャガー F-PACE SVR の「エディション1988」

モデル名の「1988」は、ジャガーにとって栄光の年を意味する。1988年のルマン24時間耐久レースにおいて、ジャガー『XJR-9 LM』が優勝し、ポルシェの連勝記録を7で止めたのだ。世界限定台数の「394」は、1988年のルマンを制したジャガーXJR-9 LMの周回数を指す。

『F-PACE SVR』のエディション1988では、ミッドナイトアメジストのボディカラーに、シャンパンゴールドの22インチアルミホイール、サンセットゴールドのアクセントを採用した。ミッドナイトアメジストのボディカラーは、ジャガーXJR-9 LMの車体色のパープルを連想させる色だ。

テールゲートには、サンセットゴールドサテン仕上げのジャガーリーパーとスクリプトをあしらった。レーザーエッチングされたエディション1988のロゴが、フェンダーに添えられる。「ブラックパック」を標準装備。ドアミラーカバー、ブレーキキャリパー、ホイールセンターキャップなどには、グロスブラック仕上げが施される。

ダッシュボードやステアリングホイールスポーク、パドルシフト、シートなどにはSVRのロゴが入る。ステアリングホイールのジャガーリーパーとホーンリングはサテンブラック仕上げとした。

◆0~100km/h加速4.0秒で最高速は286km/h

5.0リットルV型8気筒ガソリンスーパーチャージャーエンジンは、最大出力550ps、最大トルク71.4kgmを引き出す。SVR専用チューンが施された「クイックシフト」、電動パワーステアリング、アダプティブ・ダイナミクス・サスペンション、トルクベクタリング、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)、AWDシステムを搭載する。0~100km/h加速4.0秒、最高速286km/hの性能を実現している。

ジャガー独自の「バリアブル・バルブ・アクティブ・エキゾーストシステム」を採用した、スポーティなサウンドを奏でるとともに、ガスフローの改善を図り、パフォーマンスを向上させる。エキゾーストシステムは、通常のF-PACEと比較して、6.6kg軽量化された。

また、AWDにインテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)、オール・サーフェス・プログレス・コントロール、アダプティブ・サーフェス・レスポンスを搭載した。これにより、天候を問わず、優れた走行性能を発揮する、と自負する。

◆「SVR」チューニングでパフォーマンスを追求

リア・エレクトロニック・アクティブ・ディファレンシャル(EAD)をはじめ、先進的なテクノロジーによるチューニングを施した。トルク・オンデマンド式AWDシステムのインテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)の制御技術は、EADのメリットを最大限に発揮できるよう最適化されている。ダイナミック・ドライビング・モード用のソフトウェアは、特別に調整・最適化された。このダイナミックモードを選択すると、素早いシフトレスポンスと鋭いスロットルレスポンスが得られるとともに、ステアリングレスポンスが向上し、あらゆる路面状況においても車両と一体感のあるドライビングが可能という。

フロントとリアには、それぞれ30%、10%硬度を高めたスプリングを採用する。アンチロールバーを組み込み、ボディロールを5%低減させているという。

22インチホイールは、フロントで2.4kg、リアで1.7kg軽量化し、ひと回り大きくなった395mmのフロントブレーキディスクと396mmのリアブレーキディスクとの組み合わせで、より多くの空気を送り込める設計とした。ブレーキディスクはフロント、リアともにツーピース構造を採用することで、軽量化と敏捷性のあるハンドリングを実現した、としている。


【ジャガー】ジャガー クラシック ブラック EDT・SP 100ml [並行輸入品]
¥2,634 (¥26 / ml)
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《森脇稔》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー】軽の受賞は史上初、EV『日産サクラ/三菱eKクロスEV』が大賞…輸入車はヒョンデに
  2. メルセデスベンツの新モデル『CLE』、2023年1月デビューか? PHEVを初スクープ
  3. 「新時代のモビリティサービスが紡ぐ未来」車載システムをテーマに清水和夫氏らの対談も…最新技術が集結する「Sky Technology Fair」11月7日からPR
  4. 鉄チンルックの軽/商用バン向けビンテージアルミ、「XTREME-J JOURNEY」発売へ
  5. トヨタの新世代EV「bZ」、第3弾は小型SUV…コンセプトカーの新写真
  6. 日産サクラとeKクロスEV、「今年の車」三冠達成[新聞ウォッチ]
  7. アバルト初のEV『500e』、加速性能はクラス最高[詳細写真]
  8. 日産『GT-R』のV6ツインターボを700馬力に、「プラーガ」の新型ハイパーカー[詳細写真]
  9. 幻の最軽量ポルシェが50年ぶり復活!? ヘリテージ第2弾『911 ST』実車をスクープ
  10. メルセデスAMG「S63」新型、史上最強の『Sクラス』に…PHEVで802馬力
ランキングをもっと見る