レーザー&レーダー探知機の量販店向けモデル、新型発売…無線LAN&3.6インチ液晶 ユピテル

ユピテル SUPER CAT LS1000
ユピテル SUPER CAT LS1000全 2 枚

ユピテルは、レーザー&レーダー探知機SUPER CATシリーズの新製品として、大画面3.6インチ液晶搭載の特定量販店モデル「LS1000」を発売する。

新製品は無線LANを搭載。エンジンONで公開取締情報やオービスデータ、ユーザー投稿のリアルタイム配信データなど、各種データを最新情報に自動更新し、性能を最大限に発揮する。

また、一般的に採用されているアンプIC(汎用品)では増幅できない微弱なレーザー光に対応する「専用高利得アンプIC」を搭載するとともに探知範囲を水平約60度に拡大。同社最強のレーザー探知性能で取締レーザー光をいち早く通知する。また、従来のレーダー波とは異なる新Kバンドを使用している新型レーダー式移動オービスにも受信対応する。

地図データは最新の2021年秋版を収録する。例えば、地図データに未収録の高速道を走行した場合、一般道と認識して不要なターゲットまで警報してしまい、運転に集中できないばかりか、本来必要な警報を聞き逃すかもしれない。新製品は最新地図データを収録することで不要な警報をカットし、警報精度を高めている。また、業界最多の4センサー、標高データ、地図データを照合し自車位置を特定する「マップマッチングシステム」を搭載。GPSが測位できないトンネル内でも高精度警報を実現する。

新製品は誤警報対策も万全。レーザー光については、SUPER CATは独自のフィルタと判定システムの採用で「超広範囲」「長距離」「高精度」の並立を実現する。レーダー波については、自動ドアなどの誤警報に対し、自動で識別・登録。わずらわしい手動設定不要で、次回以降は警報を行わない。

公開取締情報や、速度取締り指針の情報は、日付・時間・場所に合わせてリアルタイムに警報。テロップ表示の他、取締路線が公開されている場合、その路線を点滅して通知する。また、近年増加する逆走事故の危険を避けるため、逆走しやすいポイントを事前に知らせ、安全運転をサポートする。

測位エンジンは、全球測位衛星システムの高速かつ高精度測位を実現するu-blox社製を搭載。90基の受信衛星に対応し、安定した測位を実現する。GPSデータは16万6000件以上、取締データは6万件以上、実写警報は4500件以上を収録する。

SUPER CATは、全国地図データ収録のフルマップモデル。マップ表示の縮尺を4段階で変更でき、より広範囲で警報ターゲットを表示できる。また、表示項目を自由に選択できるプリセットを8種類用意。各プリセットは、14通りの配置選択から設定できる。

本体サイズは106(幅)×60(高さ)×17(奥行)mm。


久世福商店 あんバター 550g Sweet Bean Paste Butter
¥1,430 (¥3 / グラム)
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ポルシェのEV『タイカン』がニュルで新記録、テスラ抜いた
  2. サンシェードでは車内温度の上昇を抑制できない!?【カーライフ 社会・経済学】
  3. レクサス『CT』が後継モデルへバトンタッチ!? SUV風で早ければ2023年登場か
  4. 【マツダCX-60】7月末時点での受注が6400台に、ディーゼルモデルに人気
  5. ジャンボフェリー32年ぶりの新船「あおい」10月22日初就航、9月20日より先行予約開始
  6. 高級ミニバン戦争が再加熱!? 『アルファード』次期型は2023年登場へ、進化する「キング・オブ・高級ミニバン」の姿とは
  7. 【日産 フェアレディZ 新型試乗】やっぱりZはイメージ通りの「デートカー」でした…竹岡圭
  8. レクサス GX の米2023年型が発表、「ブラックライン」も引き続き設定
  9. 日産 スカイライン のインフィニティ版『Q50』、最強グレードは405馬力[詳細写真]
  10. 水素内燃エンジンがディーゼル並みの出力…2026年度にトラック市販めざす
ランキングをもっと見る