OBDマルチモニター「タッチブレイン」が進化、スマホ連携など新機能搭載 ブリッツ

ブリッツ タッチブレインプラス
ブリッツ タッチブレインプラス全 4 枚

チューニングパーツメーカーのブリッツ(BLITZ)は、OBDIIコネクターに接続して車両情報を表示するマルチモニターの進化版「タッチブレインプラス」を6月28日より発売する。価格は7万7000円。

タッチブレインプラスは、OBDII端子にカプラーオンで接続するだけで、車速・エンジン回転・スロットル開度・走行距離・燃費の情報など、90種類以上の詳しい車両情報の表示と、記録(ログ)が可能。さらにOBDから取得できない、Gセンサーの情報なども同時に記録できる。新製品は新車型や新表示項目に対応。本体サイズはほぼそのままに薄型化し、モニターは従来の3.5インチから4.3インチにサイズアップ。静電容量式タッチパネル採用で操作性も向上している。

新製品は無線LAN機能を搭載し、スマートフォンとの無線接続に対応。本体ファームウェアのアップデートやログデータの取得や保存ができる。また、専用スマートフォンアプリ(iOS専用)と連携することで、OBDIIコネクターから取得した車両情報と、専用アプリで撮影した動画にマップ・GPSデータを組み合わせた「ドライブログ」動画を簡単に生成。さらに、生成した動画はそのままSNSにアップロードできる。

ラップ計測機能では、国内主要サーキットにおけるスタートポイントのGPSデータをプリセット済みのため、周回ごとに自動でLAPタイムを計測。最速タイム・履歴のほか、3項目の車両情報も表示できる。

新製品はOBDモニター機能のほか、VSC/TRC完全カット機能(対応車種のみ)、故障診断項目(エラー)の表示・消去、本体Gセンサーを利用した表示、タイムトライアル機能も搭載する。


j train (ジェイ トレイン) 2022年4月号[雑誌]
¥1,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ポルシェのEV『タイカン』がニュルで新記録、テスラ抜いた
  2. サンシェードでは車内温度の上昇を抑制できない!?【カーライフ 社会・経済学】
  3. レクサス『CT』が後継モデルへバトンタッチ!? SUV風で早ければ2023年登場か
  4. 【マツダCX-60】7月末時点での受注が6400台に、ディーゼルモデルに人気
  5. ジャンボフェリー32年ぶりの新船「あおい」10月22日初就航、9月20日より先行予約開始
  6. 高級ミニバン戦争が再加熱!? 『アルファード』次期型は2023年登場へ、進化する「キング・オブ・高級ミニバン」の姿とは
  7. 【日産 フェアレディZ 新型試乗】やっぱりZはイメージ通りの「デートカー」でした…竹岡圭
  8. レクサス GX の米2023年型が発表、「ブラックライン」も引き続き設定
  9. 日産 スカイライン のインフィニティ版『Q50』、最強グレードは405馬力[詳細写真]
  10. 水素内燃エンジンがディーゼル並みの出力…2026年度にトラック市販めざす
ランキングをもっと見る