『ディフェンダー』先代が究極のオフローダーになった…405馬力V8搭載

本格オフロード走行に対応した装備群

ランドローバー・クラシックの最新インフォテインメントシステム

車体に世界の23のオフロードを示したカモフラージュ

ランドローバー・クラシック・ディフェンダー・ワークスV8トロフィーII
ランドローバー・クラシック・ディフェンダー・ワークスV8トロフィーII全 10 枚

ランドローバーは7月28日、従来型『ディフェンダー』をベースにした『クラシック・ディフェンダー・ワークスV8トロフィーII』を欧州で発表した。25台限定で販売される予定だ。

◆本格オフロード走行に対応した装備群

ランドローバー・クラシック・ディフェンダー・ワークスV8トロフィーIIランドローバー・クラシック・ディフェンダー・ワークスV8トロフィーII

クラシック・ディフェンダー・ワークスV8トロフィーIIは、2012~2016年までに生産された従来型ディフェンダーがベース。ジャガー・ランドローバー・クラシックの専任チームによって、手作業でカスタマイズが行われ、さらなるオフロード性能を追求している。ジャガー・ランドローバー・クラシックは、スペシャル・オペレーションズ(SVO)に属する1部門であり、世界中のジャガーおよびランドローバーのクラシック・モデルの顧客やファン向けに、車両、サービス、パーツ、エクスペリエンスを提供している。

5.0リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンは、最大出力405ps/6000rpm、最大トルク52.5kgm/5000rpmを獲得する。トランスミッションは、8速ATを組み合わせた。サスペンションやブレーキ、ステアリングは強化されている。

フロントには、グリルガードとウインチを装着した。ブラックのボンネットはサテン仕上げとし、日中のまぶしさを軽減。幅1270mmの強力な LED ライトバーが、夜間のオフロードで高い視認性を発揮する。ボディカラーはフジホワイトで、ナルヴィックブラックのルーフを組み合わせた。リベットやネジ、ベントなどは、グロスブラックで仕上げられる。足元は、グロスブラックの 18 インチ 「Sawtooth」アルミホイールで引き締められた。最大渡河水深は 500mm。リアのラダーからルーフラックにアクセスできる。ランドローバー・トロフィーのエンブレムやマッドフラップの白いロゴが配されている。

◆ランドローバー・クラシックの最新インフォテインメントシステム

ランドローバー・クラシック・ディフェンダー・ワークスV8トロフィーIIランドローバー・クラシック・ディフェンダー・ワークスV8トロフィーII

レカロ製スポーツシートは、黒と白のウィンザーレザーで仕上げられ、コントラストステッチがあしらわれた。レザートリムが、ダッシュボード、ドア、ヘッドライニングにあしらわれた。

ランドローバー・クラシックの最新のインフォテインメントシステムには、ナビゲーションとスマートフォン接続が組み込まれた。 ZF製のATは、ランドローバーの人間工学に基づいたピストル型のシフトレバーを採用している。

エリオット・ブラウン製のオーダーメイドの「ランドローバー・トロフィー・クロック」が、ダッシュボードの中央に配された。外装のカモフラージュを反映したデザインを備えている。

◆車体に世界の23のオフロードを示したカモフラージュ

ランドローバー・クラシック・ディフェンダー・ワークスV8トロフィーIIランドローバー・クラシック・ディフェンダー・ワークスV8トロフィーII

なお、限定25台の内訳は、「90」が10台、「110」が10台、「110ダブルキャブピックアップ」が5台。各車両の車体には、「キャメル・トロフィー」から 「G4 チャレンジ」まで、70 年以上の冒険の歴史の舞台となった 23 の場所を示すカモフラージュが施される。23の場所には、伝説的なオフロードだけでなく、南アフリカやラオス、ペルーなど、最近のランドローバーのオフロードチャレンジの舞台が含まれている。

なお、25名の顧客は、3 日間限定の「ランドローバー・トロフィー・コンペティション」に招待される。専門家からアドバイスを受けながら、3日間の競争を行い、1つのチームがグランプリを獲得する、としている。


《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 新型車記事ランキング、1位は次期型ハイエース、市販の上位は? 2022年上期
  2. 映画「ワイルド・スピード」のハンがやってきた! カーフェス『FUELFEST』が日本初開催
  3. 「サーファーにもぴったり!」サーフ系Youtuber「KANAN」が、三菱『アウトランダー PHEV』で夏をさすらうPR
  4. 純正スピーカーのままで音を良くするには?[スピーカーの鳴らし方・大研究]
  5. 【スバル レヴォーグ STI スポーツR 新型試乗】最上級の2.4Lは、その真価を発揮できるのか…中村孝仁
  6. ポルシェ『718ボクスター』最強モデルのルーフがついに開いた!浮かぶ「ヴァイザッハ」の文字
  7. 『ハイエース』19年ぶりのモデルチェンジへ! キャブオーバーは継承、200系との併売も?
  8. プロボックスを渋くワイルドに楽しもうぜ
  9. 【ホンダe 5000km試乗】トリコにさせる走りとデザイン、本当にくすぶったままで終わるのか?[後編]
  10. サンシェードでは車内温度の上昇を抑制できない!?【カーライフ 社会・経済学】
ランキングをもっと見る