年内登場か?最強の『GLC』、メルセデスAMG「GLC 63クーペ」内外装をスクープ

メルセデス AMG GLC 63 クーペ(スクープ写真)
メルセデス AMG GLC 63 クーペ(スクープ写真)全 14 枚

メルセデスベンツが6月に新型を発表した人気のSUV『GLC』。その頂点に君臨するAMG GLCファミリーの開発が進められている。今回のスクープ情報は、クーペSUVの『GLCクーペ』に設定されるメルセデスAMG『GLC 63クーペ』だ。

ドイツ・シュトゥットガルト市街地で捉えたプロトタイプは、ボディ前後を中心にカモフラージュしているが、ローダウンしたワイドなボディが確認できる。また、より迫力のあるバンパー、パナメリカーナグリル、アグレッシブなコーナーエアインテークの形状など、通常のGLCクーペとは一線を画すタダモノではないオーラを醸し出している。

メルセデス AMG GLC 63 クーペ(スクープ写真)メルセデス AMG GLC 63 クーペ(スクープ写真)

後部のクワッドエキゾーストパイプもAMGモデルの証だ。足回りにはAMGホイール、ドリルドローターと赤いブレーキキャリパーも確認できる。

キャビン内のレイアウトはGLCと共有。12.3インチのデジタルクラスター、センターコンソールの大きく傾斜した11.9インチのタッチスクリーン、およびカラーヘッドアップディスプレイなどが配置されている。AMGモデルでは、よりスポーティなバケットシートのセットと、スエードスタイルのフラットボトム・ステアリングホイールや、カーボンファイバーのアクセントが追加されている。

次期型ではパワートレインも注目だ。前世代の4.0リットルV型8気筒から、最高出力400psを軽く超える2.0リットル直列4気筒ターボエンジンへ置き換えられ、さらに最大200psを超える電気モーターと組み合わされることによりシステム合計で670psを発揮するとも噂される。

メルセデス AMG GLC 63 クーペ(スクープ写真)メルセデス AMG GLC 63 クーペ(スクープ写真)

しかし最新情報では、これを600ps程度に抑え、次回のフェイスリフトの際に馬力を向上させるか、「ブラックシリーズ」のようなスペシャルモデルの登場時にこのパワーを解禁する可能性もあるという。

「GLC 63」および「GLC 63クーペ」のワールドプレミアは、最速で2022年内と予想される。

《Spyder7編集部》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ヤマハ発動機と新明和工業、小型航空機の初期飛行試験に成功…499cc 2気筒エンジン搭載
  2. トヨタ ハリアーPHEV を新設定…システム最高出力306ps、EV走行距離93km
  3. メルセデスAMG「C63」新型、量産4気筒世界最強の2.0リットルエンジン搭載
  4. 後席にもバケットシート装備!? BMWの本気セダン『M3 CS』の超過激なスペックとは
  5. 【スズキ SV650X ABS 試乗】バイクに乗って自分を変えたい若者によく似合う…丸山浩PR
  6. ハイソカーの代名詞だった、マークII、チェイサー、クレスタ3兄弟【懐かしのカーカタログ】
  7. 最後の純ガソリン軽ホットハッチ!? スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か
  8. シトロエン ベルランゴが名車『2CV』に変身…フルゴネット欧州発表
  9. トヨタの世界生産計画、10万台減の80万台へ下方修正 10月
  10. 【シトロエン C5 X 新型試乗】未だ見ぬPHEVへの期待が高まる好感度…九島辰也
ランキングをもっと見る