日本電産の関社長が辞任、後任は創業メンバーの小部副会長

日本電産の社長に就任した小部博志氏
日本電産の社長に就任した小部博志氏全 2 枚

日本電産は9月2日、関潤社長執行役員。最高執行責任者(COO)が同日付で辞任したと発表した。後任の社長には、小部志副会長執行役員が9月3日付で就いた。

関氏は日産自動車の副COOから、日本電産の創業者・永守重信会長兼最高経営責任者(CEO)の後継者として、2020年4月に移籍した。社長に就いた後、2021年6月には、CEO職にも就いたが、担当する車載事業の業績不振と日本電産の株価低迷を理由に、2022年4月にCEO職を返上、永守会長がCEOに復帰した。

関氏は業績を回復させてCEO職復帰する意向を示していたが、結果的に辞任を申し出た。

後任の小部氏は創業メンバーでもあり、長年「番頭」を務めてきたことから今回、ワンポイントリリーフとなる。日本電産では2023年春に次期社長候補を5人の副社長を選び、2024年にこの中から後継者となる社長を選任する予定。

日本電産ではこれまで、関氏以外でも永守氏の後継者候補を外部からスカウトしてきたが相次いで失敗。このため、次期後継者は社内の人材を育成する方針に切り替える。


《レスポンス編集部》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ダイハツ『ミライース』新型は5月登場か!? 背高ボディで居住性アップ!電動化もあり?
  2. “何にも似てない”北欧生まれの電動バイクが日本上陸、課題は「タイヤと価格」?
  3. トヨタの新型3列シートSUV『グランドハイランダー』、「ハイブリッドMAX」は362馬力…米国発表
  4. 【BMW 7シリーズ 新型試乗】存在感ハンパなし!いちいち目が点になるゴージャス装備の数々…島崎七生人
  5. VWの大型SUV『アトラス』、改良新型発表へ…シカゴモーターショー2023
  6. 【トヨタ プリウス 新型試乗】カーデザインは機能を満たさなければ意味をなさない…御堀直嗣
  7. スバル『クロストレック』新型に「スポーツ」、ティザー写真公開…シカゴモーターショー2023で実車発表へ
  8. トヨタ クラウン 新型、340馬力「HYBRID MAX」設定…シカゴモーターショー2023出展へ
  9. シトロエン ベルランゴ ロングにプチ試乗、大柄ボディでも予想外の乗りやすさ
  10. 奥山清行氏、ヤンマー取締役を辞任…フェラーリ速度違反で在宅起訴
ランキングをもっと見る