最後の純ガソリン軽ホットハッチ!? スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か

スズキ アルトワークス 新型(予想CG)
スズキ アルトワークス 新型(予想CG)全 7 枚

存亡の危機の噂も流れているスズキの軽ホットハッチ、『アルトワークス』。2021年に登場した新型『アルト』には設定されないのでは、と囁かれていたが、2022年秋以降に登場する可能性が濃厚となっていることがわかった。スクープサイト「Spyder7」がその姿を予想する。

スズキ アルトワークス 初代(1987年)スズキ アルトワークス 初代(1987年)

初代アルトは1979年に発売。「軽ボンネットバン」として人気を博し、その後の軽自動車市場に多くの影響を与えた。9代目となる現行型は軽量「HEARTECT」(ハーテクト)プラットフォームのアップデート版を採用、剛性を高め、居住空間を拡大。マイルドハイブリッド技術「Sエネチャージ」を採用した「R06D」型エンジンを搭載し燃費性能も高めている。

新型アルトワークスは、660cc直列3気筒ターボバージョンとなる新世代「R06A」型を搭載、5速マニュアルトランスミッション、または5速、AGS(オートギアシフト)と組み合わせる。スズキの技術の粋を集めたチューニングにより、軽快なハンドリング、さらに安定した高速性能、高いレスポンスを提供してくれるはずだ。

スズキ アルトワークス 新型(予想CG)スズキ アルトワークス 新型(予想CG)

画像は気になるエクステリアの予想CGだ。大人しくなったと言われる新型アルトのデザインだが、屋根、ヘッドライト、ミラー、また、サイドアンダーステッカーなどブラック塗装を施し、スポーティなイメージを強調する。

フロントマスクはグリスレスタイプだが、ワークス伝統の三本フィンとワークスロゴの入ったエンブレムを装着。さらに大型のアンダーグリルがレーシーな雰囲気を醸し出す。サイドタイヤハウスには、膨らみを強調させるスリットのデザインなども予想される。

次期型アルトワークスのデビューは、2022年内と予想される。

《Spyder7編集部》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. マツダの最上位SUV『CX-90』、米国で発表…これがフラッグシップだ
  2. 『CX-90』発表、米マツダ初のPHEVは323馬力…最上位SUV
  3. 『デリカD:1』ではない…デリカミニに込められた三菱の反省
  4. メルセデスベンツ『GLE』改良新型、表情変化…欧州発表
  5. マツダ『CX-90』、48Vマイルドハイブリッド搭載の3列シートSUV…今春米国発売へ
  6. ホンダ初のフル電動SUV『プロローグ』、先行販売を2023年内に開始へ…米国
  7. スズキ『ジムニー』5ドアを日本導入して欲しいですか?…アンケート
  8. F1と新幹線が並走、バックは富士山! レッドブルが『BAKUSOU』映像を公開
  9. 「SNOWモード」は雪道だけじゃもったいない!ホンダ『ZR-V』の4WDは雪上での“違和感のなさ”がスゴイ
  10. セダン廃止に現実味、どうなる次期型アウディ『A4』?
ランキングをもっと見る