運輸分野で水素・燃料電池を利活用---国交省が技術検討会

トヨタMIRAI
トヨタMIRAI全 8 枚

国土交通省は、運輸分野で水素・燃料電池の利活用拡大に向けた技術検討会を10月3日に開催する。

運輸分野で水素・燃料電池などの利活用拡大や、利便性の向上に向けて2021年、官民プラットフォームとなる「運輸分野における水素・燃料電池等の利活用の拡大を目指した技術検討会」を設置し、技術面・コスト面・制度面での課題を整理してきた。

2022年度は前年度に引き続き「水素タンクの乾電池化」などのイメージを共有しながら検討会の進め方について議論するため、10月3日に検討会を開催する。今回は2021年度の技術検討会における検討状況の確認や水素の利活用に関する取組み、2022年度の技術検討会の進め方などについて議論する。


トヨタ自動車:FCモジュールトヨタ自動車:FCモジュール

《レスポンス編集部》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ダイハツ『ミライース』新型は5月登場か!? 背高ボディで居住性アップ!電動化もあり?
  2. “何にも似てない”北欧生まれの電動バイクが日本上陸、課題は「タイヤと価格」?
  3. トヨタの新型3列シートSUV『グランドハイランダー』、「ハイブリッドMAX」は362馬力…米国発表
  4. VWの大型SUV『アトラス』、改良新型発表へ…シカゴモーターショー2023
  5. スバル『クロストレック』新型に「スポーツ」、ティザー写真公開…シカゴモーターショー2023で実車発表へ
  6. 【トヨタ プリウス 新型試乗】カーデザインは機能を満たさなければ意味をなさない…御堀直嗣
  7. シトロエン ベルランゴ ロングにプチ試乗、大柄ボディでも予想外の乗りやすさ
  8. ボルボ、小型BEVを2023年内に日本市場投入へ 若年層へアピール
  9. トヨタ クラウン 新型、340馬力「HYBRID MAX」設定…シカゴモーターショー2023出展へ
  10. 【BMW 7シリーズ 新型試乗】存在感ハンパなし!いちいち目が点になるゴージャス装備の数々…島崎七生人
ランキングをもっと見る