アルピーヌ、最高峰モデル『A110R』を日本導入…11月下旬より受注開始

アルピーヌ A110R
アルピーヌ A110R全 18 枚

アルピーヌ・ジャポンは、軽量ミッドシップスポーツクーペ『A110』シリーズの最高峰モデル『A110R』の日本導入を発表。11月下旬より受注を開始する。価格は後日発表予定。

アルピーヌ A110Rは、軽量化による運動性能の向上に徹底的にこだわり、カーボンボンネット、カーボンエンジンカバー、フルカーボンホイール、専用カーボンシートなどを採用。総重量1100kgを切る軽量化を実現している。また、エアロダイナミクスをさらに向上させるため、新形状のディフューザー、スワンネックタイプのリアスポイラーマウント、サイドスカート、エアインテーク付フロントボンネットを採用。空気抵抗の削減とダウンフォースの強化の最適なバランスを確立した。

アルピーヌ A110Rアルピーヌ A110R

アルピーヌ A110Rは、A110Sよりも車高が低められ、専用シャシーには車高調整機能、減衰力調整機能付ダンパーを搭載。アンチロールバーの剛性はA110Sよりもフロントで10%、リアで25%強化、サスペンションスプリングの剛性も10%以上強化している。また、ブレンボ製高性能ブレーキシステムを装備。前後ともに複合素材の320mmブレーキディスクを採用し、制動力を高めている。

パワートレインは1.8リットル4気筒直噴ターボエンジンと7速DCTの組み合わせ。最高出力300ps/最大トルク340Nmを発揮し、最高速度は285km/h、ローンチコントロールを使用した0-100km/h加速3.9秒を達成している。

アルピーヌ A110Rアルピーヌ A110R

インテリアは、すべてマイクロファイバー生地で覆われ、内部のドアハンドルは赤いストラップを採用。ハンドルやカーボンファイバー製のサベルト社製シングルシェルシートはマイクロファイバーで覆われ、グレーのステッチを施し、モータースポーツの世界観を演出している。

《纐纈敏也@DAYS》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー】軽の受賞は史上初、EV『日産サクラ/三菱eKクロスEV』が大賞…輸入車はヒョンデに
  2. メルセデスベンツの新モデル『CLE』、2023年1月デビューか? PHEVを初スクープ
  3. トヨタの新世代EV「bZ」、第3弾は小型SUV…コンセプトカーの新写真
  4. 「新時代のモビリティサービスが紡ぐ未来」車載システムをテーマに清水和夫氏らの対談も…最新技術が集結する「Sky Technology Fair」11月7日からPR
  5. 鉄チンルックの軽/商用バン向けビンテージアルミ、「XTREME-J JOURNEY」発売へ
  6. 日産『GT-R』のV6ツインターボを700馬力に、「プラーガ」の新型ハイパーカー[詳細写真]
  7. メルセデスAMG「S63」新型、史上最強の『Sクラス』に…PHEVで802馬力
  8. アバルト初のEV『500e』、加速性能はクラス最高[詳細写真]
  9. 「モンスター田嶋」、産棄物処理法違反で逮捕
  10. CB1300白バイ、エンジン停止や赤色灯・サイレン使用不可となるおそれ…リコール
ランキングをもっと見る