トヨタ プリウス PHEV 新型、パワーもEVモードの航続も5割増し…ロサンゼルスモーターショー2022

トヨタ・プリウス・プライム(プリウス PHEV)新型(米国仕様)
トヨタ・プリウス・プライム(プリウス PHEV)新型(米国仕様)全 5 枚

トヨタ自動車の米国部門は11月16日、PHEVセダン『プリウス・プライム』(日本名:『プリウスPHEV』に相当)新型の米国仕様車を、ロサンゼルスモーターショー2022のプレビューイベントで初公開した。

トヨタ・プリウス・プライム(プリウス PHEV)新型(米国仕様)トヨタ・プリウス・プライム(プリウス PHEV)新型(米国仕様)

新型プリウス・プライムの米国仕様車には、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載する。モーターと合わせたPHEVシステム全体では、220hpのパワーを引き出す。従来型よりもおよそ5割パワーアップしており、0~96km/h加速6.6秒の性能を発揮する。

バッテリーは、従来型よりも大容量化されたリチウムイオン。EVモードの航続は、従来モデルよりも5割以上増大し、最大でおよそ40kmに到達している。

トヨタ・プリウス・プライム(プリウス PHEV)新型(米国仕様)トヨタ・プリウス・プライム(プリウス PHEV)新型(米国仕様)

《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ ロードスター 990S 新型試乗】軽さだけが正義か? 究極のロードスターとは…中村孝仁
  2. 大きなスライドドアとスマートホーム化が特徴:ロビンソンAI…ジャパンキャンピングカーショー 2023
  3. 【三菱 eKクロスEV 冬季1200km試乗】充電回数は30回!軽BEVにはあまりに厚かった「圧雪路の壁」[前編]
  4. 【株価】デンソーとアイシン、ともに通期最終益減額も明暗
  5. シトロエン ベルランゴ ロングが展示イベントに登場、3列7人乗りの新導入モデルに注目集まる
  6. 三菱 デリカミニ、事前受注が4000台 1月末まで
  7. 【三菱 eKクロスEV 冬季1200km試乗】10年に一度の寒波の中、軽EVでビバークしてみたら[後編]
  8. スズキ製エンジン積む『セブン』、初期のケータハムに着想…欧州発売
  9. 日本・欧州向けには『CX-80』…マツダのラージ商品群3列シート・クロスオーバーSUVの新型
  10. こんな「R34」あったっけ?まさかの『ワイスピ』カラーで登場! 2月のホットウィールは“日本推し”がスゴいPR
ランキングをもっと見る