マツダの次世代EVスポーツカーか!? 中期経営計画で見せた『ビジョンスタディモデル』とは

マツダが中期経営計画の中で公開した『ビジョンスタディモデル』
マツダが中期経営計画の中で公開した『ビジョンスタディモデル』全 8 枚

マツダが22日に発表した中期経営計画のアップデートの中で、未発表のスポーツカー『ビジョンスタディモデル』が公開された。詳細は語られなかったものの、次世代のマツダデザインを示唆するコンセプトだという。

公開された画像は2点のみ。白いボディの2ドアクーペスタイルで、これまでの魂動デザインの流れとは全く異なる意匠となっている。ヘッドライトはリトラクタブル式(開閉式)のように見え、往年の『RX-7』を彷彿とさせる。

マツダが中期経営計画の中で公開した『ビジョンスタディモデル』。画像はトリミングしディティールを拡大したもの。マツダが中期経営計画の中で公開した『ビジョンスタディモデル』。画像はトリミングしディティールを拡大したもの。

フロントグリルもこれまでのシグネチャーウイングとは全く異なる。現行『ロードスター』が将来の魂動デザインを先取りしたものとされているが、このビジョンスタディモデルはさらに先を見据えたものといえそうだ。

注目はリア。2つの円が重なったように見えるテールランプと、バラ文字による“MAZDA”ロゴが新鮮だ。マツダは電動化戦略について2030年までに3つのフェーズで順次バッテリーEVを投入していくことを発表しており、このビジョンスタディモデル、およびこれを元にしたスポーツカーがバッテリーEVとなる可能性は大いにある。

マツダが中期経営計画の中で公開した『ビジョンスタディモデル』。画像はトリミングしディティールを拡大したもの。マツダが中期経営計画の中で公開した『ビジョンスタディモデル』。画像はトリミングしディティールを拡大したもの。

マツダはこれまでも中期経営計画の中で、新たなクルマの方向性を予告してきた。ビジョンスタディモデルが市販モデルとして登場する日はそう遠くないのかもしれない。

《宮崎壮人》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「交通違反切符への押印は義務ではない」警察庁が通達
  2. 旅行のために日常を犠牲しないシンプルな車中泊モデル…フィールドスタイルジャンボリー
  3. トヨタ プリウス PHEV 新型、米国仕様はEVモード40km…ロサンゼルスモーターショー2022
  4. 日産『GT-R』のV6ツインターボを700馬力に強化、プラーガが新型ハイパーカー発表
  5. 車内でスマホをより便利に使える、最新“Bluetoothグッズ”!【特選カーアクセサリー名鑑】
  6. 猫のクルマ入り込みトラブルはどう防ぐ? 習性を理解して日頃から確認を
  7. 【さよならホンダ インサイト】後期型で450km試乗、ここまで変わったことをなぜもっと発信しなかったのか
  8. 【スズキ アドレス125 新型】“通勤快速”がグローバルモデルに成長して帰ってきた
  9. BMW M史上最強のストレート6搭載、『3.0 CSL』発表…560馬力ツインターボ
  10. 「マウスみたいでクール」新型プリウスとクラウンは、EV推しのLAショーでどう受け止められたか
ランキングをもっと見る