JR北海道のワンマン電車・737系は5月20日にデビュー…元札沼線用のキハ143を置換え

日立製作所笠戸事業所で製造された737系は2010年に登場した735系以来のアルミ合金製で、前頭部のみ鋼製となっている。2022年11月には最初の2編成(C-1・2編成)が札幌へ輸送され、2023年に入ってから試運転が開始されていた。
日立製作所笠戸事業所で製造された737系は2010年に登場した735系以来のアルミ合金製で、前頭部のみ鋼製となっている。2022年11月には最初の2編成(C-1・2編成)が札幌へ輸送され、2023年に入ってから試運転が開始されていた。全 10 枚

JR北海道は4月13日、「ワンマン電車」こと、737系通勤型電車の営業運行を5月20日から開始すると発表した。

同車は、JR北海道としては2012年6月に登場した733系通勤型電車以来の新系列電車で、クモハ737+クハ737の2両編成が最小単位となる(最大6両まで増結可能)。

737系のレイアウト。車椅子用スペースと対応トイレはクハ737に設置。フリースペースはクモハが山側、クハが海側。定員はクモハ737が136人(座席49・立席87)、クハ737が133人(座席44・立席89)の合計269人で、キハ143形より1割程度多くなる。737系のレイアウト。車椅子用スペースと対応トイレはクハ737に設置。フリースペースはクモハが山側、クハが海側。定員はクモハ737が136人(座席49・立席87)、クハ737が133人(座席44・立席89)の合計269人で、キハ143形より1割程度多くなる。

オールロングシートの2扉車で、最高速度は120km/h。制御方式は主変換装置に省エネタイプのハイブリッドシリコンカーバイト(SiC)モジュールを用いたVVVFインバータ制御となっている。

737系のインテリア。2扉車のオールロングシート車となるため、フリースペース(左手)がない側のロングシートは、733系や735系などの既存車よりかなり長くなる。737系のインテリア。2扉車のオールロングシート車となるため、フリースペース(左手)がない側のロングシートは、733系や735系などの既存車よりかなり長くなる。車内中央部のイメージ。左手の中央がフリースペース。照明はLED化される。車内中央部のイメージ。左手の中央がフリースペース。照明はLED化される。クモハ737の後部車内。苫小牧~室蘭間は客車列車時代の低いホームになっていることから、床面をキハ143形より19cm低くし、乗降口のステップが省略される。クモハ737の後部車内。苫小牧~室蘭間は客車列車時代の低いホームになっていることから、床面をキハ143形より19cm低くし、乗降口のステップが省略される。

13編成26両が札幌運転所に配置され、室蘭本線苫小牧~室蘭間の普通列車へ投入されるが、運転所から同区間への送込みの関係で朝と夜間に札幌~苫小牧間で運行されている普通列車や、H100形気動車で運行されている一部の列車も737系となる。

737系の投入により、苫小牧~室蘭間では時刻や運行区間が変更され、苫小牧~東室蘭間では3~17分、平均で9分短縮。同区間は最速55分で結ばれる。

これにより、2012年10月から運行されていたキハ143は札幌からの送込み運用を含めて撤退する。

737系に置き換えられ室蘭本線から姿を消すキハ143。2012年10月27日。室蘭本線幌別~富浦。737系に置き換えられ室蘭本線から姿を消すキハ143。2012年10月27日。室蘭本線幌別~富浦。

同車は1994年度に当時非電化だった札沼線(学園都市線)桑園(札幌)~北海道医療大学間の輸送力増強用として、国鉄時代の50系客車(オハフ51)を改造して誕生した。

エンジンは、札沼線・石狩当別~新十津川間で運行されていたキハ40形400番台と同じ450PSのN-DMF13HZDを搭載し、車内は座席が2+1列配置のセミクロスシート。トイレなしが100番台、トイレ付きが150番台で区別され、室蘭本線では2両編成で運用されていた。キハ143の撤退後の去就は不明だが、経年から言って廃車される公算が高いと思われる。

キハ143形は国鉄から承継した50系51形客車のオハフ51を気動車化した車両であることから、客車を意味する「Passenger Car」と気動車を意味する「Disel Car」を組み合わせPDCと呼ばれている。キハ143形は国鉄から承継した50系51形客車のオハフ51を気動車化した車両であることから、客車を意味する「Passenger Car」と気動車を意味する「Disel Car」を組み合わせPDCと呼ばれている。トイレ付きの150番台先頭のキハ143形普通列車。早朝と夜間には札幌でもその姿を見ることができる。トイレ付きの150番台先頭のキハ143形普通列車。早朝と夜間には札幌でもその姿を見ることができる。

ちなみにキハ143と同時期に札沼線で運用されていたキハ40形400番台は苗穂工場で解体が始まっており、6月で運行を終了するJR東日本の『SL銀河』で使われている同系列のキハ142・143、キサハ144も解体されると、札沼線専用車の痕跡がすべて消えることになる。

JR東日本盛岡車両センターに配置されている『SL銀河』用キハ141系。JR東日本盛岡車両センターに配置されている『SL銀河』用キハ141系。解体されつつある札沼線非電化区間専用車だったキハ40形400番台(前の2両)。2020年4月12日。解体されつつある札沼線非電化区間専用車だったキハ40形400番台(前の2両)。2020年4月12日。

《佐藤正樹》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ヤマハ「パフォーマンスダンパー」が累計300万本、トヨタやホンダ車にも採用
  2. ジープの小型SUV『アベンジャー』に「e-ハイブリッド」を設定…欧州2024年型
  3. マッスルスポーツ『チャージャー』新型が3月5日デビューへ…ダッジが予告
  4. マツダ車愛好家必見! オートエクゼの最新パーツ実車装着体験してきた
  5. 3月発売の新型コンパクトSUV、ホンダ『WR-V』で車中泊はできる…? 最大クラスの荷室で4人キャンプも快適に
  6. ヤマハ『YZF-R』ファンイベント 3月9日から全国7か所で
  7. ジムニーのルックスを一層精悍に! バックドアヒンジカバーからナンバー枠まで!【特選カーアクセサリー名鑑】
  8. ブガッティの新型ハイパーカー、V16ハイブリッド搭載 6月発表
  9. 公取委が“下請けいじめ”で日産に勧告、納入代金を一方的に減額[新聞ウォッチ]
  10. フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ
ランキングをもっと見る