前後輪駆動システム搭載、特定小型原付の電動キックボード『SO-RIN』登場

電動キックボード SO-RIN
電動キックボード SO-RIN全 6 枚

ハイカーとSAIコーポレーションは、両輪駆動システムを搭載する電動キックボード『SO-RIN』の先行予約販売を応援購入サイトMakuakeにて開始した。

電動キックボード SO-RIN電動キックボード SO-RIN

SO-RINは7月1日に施行される特定小型原動機付自転車に適合する電動キックボード。運転免許証は不要(16歳以上)、ヘルメットは着用努力義務、モード変更によって公道も歩道も走行が可能となる。

最大の特徴は両輪駆動システム。従来の電動キックボードは後輪駆動だが、SO-RINは前後のタイヤが駆動し、坂道での登板力を大幅にアップ。整地されていない悪路でも走行が可能となった。また、極太のノーパンクタイヤを装着。走行中の安定感を大幅に向上させ、縁石などに引っ掛かって転倒するリスクを軽減させた。

ファット(極太)タイヤファット(極太)タイヤ

足回りでは前輪部と後輪部に2つのサスペンションを搭載し、走行中の安定感をアップ。前後にディスクブレーキを搭載し、制動力も高めている。

バッテリーは48V/15Aの着脱式リチウムイオン。機体にプラグだけを差し込むだけで充電ができるほか、自宅にバッテリーだけを持ち運んでの充電にも対応する。

電動キックボード SO-RIN電動キックボード SO-RIN

価格は23万6500円。先行予約販売価格は15万9000円より。

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ヤマハ「パフォーマンスダンパー」が累計300万本、トヨタやホンダ車にも採用
  2. ジープの小型SUV『アベンジャー』に「e-ハイブリッド」を設定…欧州2024年型
  3. マツダ車愛好家必見! オートエクゼの最新パーツ実車装着体験してきた
  4. 日産『GT-R NISMO』はコーナリング性能を追及したロードバージョン…東京オートサロン2024
  5. 『ランドクルーザーFJ』がデビュー⁉ 気になる姿を大予想…2月の新型車スクープまとめ
  6. ブガッティの新型ハイパーカー、V16ハイブリッド搭載 6月発表
  7. 【VW Tロック ブラックスタイル 新型試乗】VWの販売台数ナンバー1、その人気の理由…島崎七生人
  8. フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ
  9. 【スズキ スイフト 新型】色、コントラスト、そして「3D」で表現した新世代のインテリアデザインとは
  10. ジムニーのルックスを一層精悍に! バックドアヒンジカバーからナンバー枠まで!【特選カーアクセサリー名鑑】
ランキングをもっと見る