ペダルで発電しながら走行、特定原付『ENNE T250』詳細仕様を発表

ENNE T250(ピンク)
ENNE T250(ピンク)全 11 枚

ENNEは7月24日、ペダル付き特定小型原動機付自転車(特定原付)『ENNE T250』の特許出願完了に伴い、詳細仕様を発表した。

ENNE T250ENNE T250

ENNE T250は、コンパクトな街乗りをテーマに開発した特定原付。通勤や通学はもちろんのこと、コンパクトに折りたため、小さめの車にも積み込むことができる。

ENNE T250はペダリングにより発電機が回転し、電力を生成。生成した電力はバッテリーを介すことなく駆動用モーターに直で送られ、タイヤが回転するという仕組みとなっている。250Wの駆動用モーターに対して350W発電機を搭載することで、ユーザーが扱いやすい速度帯で有用な発電が可能。最大航続距離100~160kmを実現する。また、ハンドル両端にはウインカー兼最高速度灯を装備。20km/hモードでは点灯、6km/hモードでは点滅をする。

ENNE T250ENNE T250

走行モードは「アクセル」と「ペダリング」の2種類を用意。アクセルモードはアクセルをひねると各速度設定の上限まで加速する。ペダリングモードは、ペダリングで発電した電力をモーターに送って駆動する。ペダル回転数が低い場合や坂道など、発電だけでは駆動できない場合はバッテリーから不足分の電力を供給して加速。電動アシスト自転車の乗り心地に近い走行モードとなる。

なお、ペダル付き特定原付はペダリングにより20km/hを超える可能性があるため違法となるという声があるが、駆動をすべてモーターを介して行うENNT T250は、設定した速度(20km/hまたは6km/h)を超えないように制御が可能。警察庁および警視庁との意見交換で、20km/hを超えない制御ができる構造であることを確認。ペダル付き特定原付だが、法令を遵守した構造で安心して走行できる。

ENNE T250ENNE T250

同社ではENNE T250の第2次予約販売を開始した。車体色はホワイト/ブラック/ベージュ/ブルー/グリーン/ピンクの6色。価格は7.8ahバッテリーが16万5000円、10.0ahが19万5000円、14.0ahが22万5000円。

特定小型原動機付自転車とは、7月1日の道路交通法一部改正で設けられた新たな車両区分。一定の基準を満たした電動キックボードは、16歳以上であれば免許なしで運転ができる。ただし自賠責保険(共済)への加入、ナンバープレートの取得は必須。ヘルメットは着用努力義務となる。このうち最高速度6km/hの走行モードを備えるなどの条件を満たすモデルは特例特定小型原動機付自転車として、自転車通行可の歩道や路側帯を通行できる。

ENNE T250ENNE T250

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
  2. これが次期型BMW『X3』だ! 発表は今秋? 最終デザインを大予想
  3. 釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
  4. <新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
  5. 【VW Tクロス カッパースタイル 新型試乗】細かいことに目くじらを立ててはいけない…島崎七生人
  6. [低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
  7. 【トヨタ ヴェルファイア 新型試乗】アルファードにはないターボ仕様を選ぶ価値…中村孝仁
  8. 樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
  9. [15秒でわかる]トヨタ『カローラクロス』改良新型…都会的で引き締まった顔つきに
  10. あの『i-ROAD』の元トヨタエンジニアが新会社で挑む「無駄のないモビリティ」とは
ランキングをもっと見る