アウディ『Q7』が11年振りのフルモデルチェンジへ!フラッグシップSUVは3代目でどう進化する?

アウディ Q7 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
アウディ Q7 次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 14 枚

アウディのフラッグシップSUV『Q7』がいよいよ次期型にモデルチェンジする。開発初期段階と思われるプロトタイプ車両をスクープした。

現行型Q7は第2世代にあたり、2015年にデビュー。現在2度目の大幅改良に取り組んでいるが、今回捉えたのは2026年にデビューが予想される次世代のQ7だ。トップブランドとしては異例となる、11年ぶりのフルモデルチェンジはどんな進化が見られるのだろうか。

◆ディスプレイはアウディ最大に!? 第3世代『Q7』の進化は

アウディ Q7 次期型プロトタイプ(スクープ写真)アウディ Q7 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

動力計を積んだ台車を牽引して出現したプロトタイプ。開発初期のためそのボディは現行モデルをベースとしたものだ。よく見るとホイールエクステンションを装着しており、トレッドが広くなることを示唆している。また前後ホイールアーチの高さが異なっていることから、第3世代へ向けた新設計のエアサスペンションをテストしている可能性がある。

キャビン内にはテスト機器が多数見られる。前回の大幅改良ではデュアルスクリーンを装備したが、次期型では中央のタッチスクリーンがブランド史上最大級になると噂されている。一方で、小さなギアセレクターを見るに、操作系はミニマムかつシンプルに進化する可能性がある。

パワートレインは、クーペSUVの『Q8』と同様に、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、フルエレクトリック(BEV)が用意されるだろう。

Q7は2度目の大幅改良が控えていることから、フルモデルチェンジは2025年いっぱいまでおこなわれることはないだろう。アウディはこの次期型Q7のほか、中国と北米市場をターゲットとしたフラッグシップSUV『Q9』を投入するとも噂されており、SUV攻勢はますます加熱しそうな勢いだ。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. キメラ『EVO38』、伝統の血統を継ぐ最新スポーツカー
  2. これが次期型BMW『X3』だ! 発表は今秋? 最終デザインを大予想
  3. 釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
  4. <新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
  5. 【VW Tクロス カッパースタイル 新型試乗】細かいことに目くじらを立ててはいけない…島崎七生人
  6. 樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
  7. [低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
  8. 【トヨタ ヴェルファイア 新型試乗】アルファードにはないターボ仕様を選ぶ価値…中村孝仁
  9. あの『i-ROAD』の元トヨタエンジニアが新会社で挑む「無駄のないモビリティ」とは
  10. ジープのピックアップ『グラディエーター』、改良新型を米国発売…新7スロットグリル装備
ランキングをもっと見る