小型EVで車名復活、ルノー『5』新型の航続は400kmに…ジュネーブモーターショー2024で発表へ

ルノー 5 E-TECH
ルノー 5 E-TECH全 6 枚

ルノー(Renault)は11月30日、小型ハッチバックEVの『5(サンク)』新型を2024年2月、ジュネーブモーターショー2024で初公開すると発表した。正式な車名は、ルノー『5 E-TECH』だ。

ルノー 5 E-TECHルノー 5 E-TECH

ルノー5 E-TECHには、ルノー日産三菱アライアンスが共同開発した「AmpRスモール」(旧名称は「CMF-B EV」)プラットフォームを、初めて使用する。クラス最高のパフォーマンスを実現しながら、そのセグメントで最も競争力のあるEVを目指す。

新開発のバッテリーパックは、『ゾエ』用バッテリーの12個のモジュールから、4個の大型モジュールに変更された。構造がよりシンプルになり、15kgの軽量化も実現する。バッテリーの蓄電容量は52kWh。1回の充電で最大400km(WLTPサイクル)の航続を可能にした。

ルノー 5 E-TECHルノー 5 E-TECH

ルノーは、5 E-TECHのティザー写真を公開した。ベース価格は2万5000ユーロ(約400万円)で、Bセグメントのハイブリッド車に匹敵する、としている。

「5」の車名は、70~90年代にヒットしたコンパクトカーの車名の再来だ。

ルノー 5 E-TECHルノー 5 E-TECH

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ルノー『ラファール』、最上位SUVクーペの受注をフランスで開始
  2. VW ゴルフ「ヴァリアント」改良新型、48Vマイルドハイブリッド設定…予約受注を欧州で開始
  3. トヨタ『ランドクルーザー250』、日本にない326馬力ターボハイブリッド搭載…米国仕様
  4. 過去最多の入場者でにぎわった! ノスタルジック2デイズ 2024
  5. ダイハツ『コペン』はどうなる!? 軽を脱ぎ捨てた1.3L・FRの次期型登場なるか
  6. 【スバル アウトバック 新型試乗】守るべきスバルらしさと表裏一体の「弱点」…中村孝仁
  7. 日産のアジア向けSUV『テラ』、2024年型をフィリピンで発表
  8. 社外ホイールへの交換時に使う「ハブリング」とは? 正しい取り付けで安全な走行を~カスタムHOW TO~
  9. 「世界で最も醜い車」がEVで復活!? 伝説のフィアット『ムルティプラ』逆襲なるか
  10. 国交省が豊田自動織機にも是正命令、建機エンジン「型式」取り消しも[新聞ウォッチ]
ランキングをもっと見る