アウディ最後の「直5エンジン」となるか? 高速コンパクトセダン『RS3』の進化とは

アウディ RS3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
アウディ RS3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)全 12 枚

アウディの主力コンパクトモデル『A3』ファミリーの改良に向けた開発が終盤を迎えている。そんな中、ニュルブルクリンクでシリーズ最強モデルとなる『RS3セダン』の高速テストがおこなわれていた。

プロトタイプは、ボディ前後、ドア下部をカモフラージュしているものの新デザインのほぼすべてが確認できる状態だ。シングルフレームグリルがスリム化されワイドになり、上下を二分割。内部はダブルダイヤモンドパターンに取って代わり、チェーンリンクスタイルのメッシュとなっている。

アウディ RS3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)アウディ RS3セダン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ヘッドライト内部には、さまざまなサイズの平行四辺形が上部に配置されたLEDシグネチャーが装備される。またバンパーのエアインテークとサイドベントの間のスラットがなくなっているようで、よりすっきりとした外観になっていることがわかる。この新たなフェイスに『Q8 e-tron』で初登場した新しい4リングスのロゴが装備されるのは間違いない。

後部は、現行モデルの水平基調グラフィックが刷新され、バンパーにはわずかに傾斜した赤いリフレクターを備えていることがわかる。また、ホンダが最新の『シビックタイプR』で改良したようにダミーのベントを廃止している可能性があるほか、トランクのリップスポイラーもかなり小さく見える。

最後にスペックに関して。アウディスポーツの責任者、セバスチャン・グラムス氏は、今年初めのメディアインタビューにて、「次のステップに向けて5気筒を増やすつもりだ。そしてそれは改善されるだろう」と発言している。現在もRS3は2.5リットル直列5気筒エンジンを搭載しており、唯一無二の存在感を放っているが、さらなるパワーアップが期待できる。最高出力はメルセデスAMG『S45』の421psを超えると予想され、完全電動化を前に最後の直5エンジンに華を添えると予想される。

《APOLLO NEWS SERVICE》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 4連スロットルはなぜ偉い? NAチューンの極みがもたらす鋭利なエンジン性能~カスタムHOW TO~
  2. 「大人の秘密基地」バグトラックパネルバンが首位獲得…キャンピングカーランキング 2月
  3. 3月発売の新型コンパクトSUV、ホンダ『WR-V』で車中泊はできる…? 最大クラスの荷室で4人キャンプも快適に
  4. ヤマハ「パフォーマンスダンパー」が累計300万本、トヨタやホンダ車にも採用
  5. BMW R1250GSアドベンチャー、日本限定の特別仕様車発売
  6. ホンダ『グロム』のレース車両、HRCが手掛ける胸躍る走り…東京オートサロン2024
  7. マッスルスポーツ『チャージャー』新型が3月5日デビューへ…ダッジが予告
  8. ランチア・ラリーの復刻&進化:キメラ『EVO38』がジュネーブモーターショー2024に登場
  9. STIの調律、走りに愉しさと悦びを…東京オートサロン2024
  10. ポルシェ『タイカン』、「史上最もダイナミック」な新グレード発表へ…3月11日
ランキングをもっと見る