50ccスーパーチャージャー搭載、世界最速の“原付”が記録更新

NSX-52
NSX-52全 10 枚

スーパーミニマムチャレンジレーシングチーム(SMC)は11月22日・23日、大潟村ソーラースポーツライン(秋田県南秋田郡大潟村)にて、「NSX-52(50cc+スーパーチャージャー)」の公開テスト走行を実施。原付での世界最速記録を大幅に更新した。

NSX-52レコード達成の瞬間NSX-52レコード達成の瞬間

SMCは、日本の精密微細加工業のオールスターチームとタッグを組み、世界最小のスーパーチャージャー付き50ccレーシングエンジンとターボ付き125ccエンジンをプライベートチームで開発。2019年、米国で開催されたFIM/AMA公認レース「ボンネビル モーターサイクルスピードトライアル(BMST)」で、監督兼ライダーの近兼拓史氏は、「NSX-51」と「NSX-02(125cc+ターボ)」の2台で合わせて6つの世界最速記録を達成した。その後、記録更新を目指しマシンを改良したが、コロナ禍などによりBMSTは2023年まで開催中止。今回、2024年BMST参戦に向け、改良型マシンNSX-52のシェイクダウンと実力テストを兼ね、国内初公開テスト走行を実施した。

公開テスト走行では全長5kmの直線コースを同サーキットコース内に特別に設定。レーザー測定器で距離を計測、光電管とスピードガンを設置し、精密な計測を行った。その結果、NSX-52は近兼氏自身がBMSTで記録した世界最速記録を幾度と更新。非公認ながら、400mの計測区間平均速度は、2019年に記録した世界最速記録を15km/h以上更新する117.05km/hをマークした。今回のテストでは、エンジン回転数をリミットより1000rpm低い1万2500rpmに抑え、助走距離もBMSTより600m短い1000mで実施。十分な安全マージンと、短い加速区間という不利な状況ながらの記録更新となった。

NSX-52NSX-52

SMCチームは、来年8月に開催予定のBMSTに参加予定。さらなる記録更新が期待される。

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 4連スロットルはなぜ偉い? NAチューンの極みがもたらす鋭利なエンジン性能~カスタムHOW TO~
  2. 「大人の秘密基地」バグトラックパネルバンが首位獲得…キャンピングカーランキング 2月
  3. 3月発売の新型コンパクトSUV、ホンダ『WR-V』で車中泊はできる…? 最大クラスの荷室で4人キャンプも快適に
  4. ヤマハ「パフォーマンスダンパー」が累計300万本、トヨタやホンダ車にも採用
  5. BMW R1250GSアドベンチャー、日本限定の特別仕様車発売
  6. ホンダ『グロム』のレース車両、HRCが手掛ける胸躍る走り…東京オートサロン2024
  7. マッスルスポーツ『チャージャー』新型が3月5日デビューへ…ダッジが予告
  8. ランチア・ラリーの復刻&進化:キメラ『EVO38』がジュネーブモーターショー2024に登場
  9. STIの調律、走りに愉しさと悦びを…東京オートサロン2024
  10. ポルシェ『タイカン』、「史上最もダイナミック」な新グレード発表へ…3月11日
ランキングをもっと見る