[実践! 初めてのカーオーディオ]費用ゼロ円! 簡単サウンドチューニングで音の変化を楽しむ!

純正スピーカーの装着位置の一例。
純正スピーカーの装着位置の一例。全 3 枚

運転中には必ず音楽を聴いているというドライバーなら、サウンドシステムのバージョンアップに少なからず興味を抱いているはずだ。当特集では、そのやり方を解説している。今回は、機器を投入することなく行えるサウンドアップ術を紹介する。

◆超基本的な機能でも、簡単操作で聴こえ方がガラリと変わる!?

カーオーディオでは、サウンドチューニング機能が活用されることが多い。なぜならば、車室内空間には音響的な不利要因があるからだ。サウンドチューニング機能を使えばそれらへの対処が可能となる。

ただし、緻密なサウンド制御を行うには高度な調整機能を搭載したユニットの導入が必要となる。しかし実を言うと、超基本的な機能でも聴こえ方をガラリと変えられる。今回はその具体的なテクニックを紹介していく。興味があればぜひとも試していただきたい。そうすることで、「音を変える楽しさ」を体験できる。そしてこれをきっかけに、システムアップへの興味を深めていただけたら幸いだ。

では本題に入ろう。まずは、「バランス」という機能の有効的な使い方から解説していく。

なお当機能は、「左右のスピーカーの音量バランスを変えられる機能」だ。で、当機能はデフォルトの状態では、「センター、すなわち「左右で5対5」に設定されているはずだ。しかし自分1人しか乗車していないときには、そこから操作を加えるべきだ。そのままだと、運転席側のスピーカーの音ばかりが聴こえてきて、結果、「ステレオ」の効果が現れにくくなる。

ほとんどの純正メインユニットに、「バランス」と「フェーダー」は搭載されているはずだ。当記事を参考に、ぜひとチューニングにトライを。ほとんどの純正メインユニットに、「バランス」と「フェーダー」は搭載されているはずだ。当記事を参考に、ぜひとチューニングにトライを。

◆左右のスピーカーの音量バランスが整うと、演奏が立体的に目前に展開!

ちなみに「ステレオ」とは、演奏を左右のchに分けて録音しそれを左右の2本のスピーカーにて再生することでその演奏を立体的に再現しようとするものだ。人間には耳が左右に付いている。ゆえに音の出どころを把握でき、コンサート会場ではサウンドを立体的に感じ取れる。「ステレオ」は、その仕組みを逆手に取っているというわけだ。

しかし、運転席に近い方のスピーカーの音しか聴こえてこなかったら、「ステレオ」のメカニズムが発動しない。でも「バランス」を少々逆側に振って左右のスピーカーの音量バランスが整うと、演奏が目前に広がるはずだ。「ステレオ」の効果が現れて、音楽を立体的に感じ取れるようになる。

また前後の音量バランスを整える「フェーダー」という機能も積極的に操作すべきだ。こちらはデフォルトの状態では前後の音量差が等しくなっているはずだ。しかし実は、自分1人でクルマに乗っている場合にはその設定はベストではない。

なぜなら、後方から音楽が聴こえてくる必要がないからだ。コンサート会場でも後方にスピーカーが置かれることはなく、そして「ステレオ」再生においては、目前の左右に1本ずつのスピーカーがあるのが基本型だ。音楽信号は2ch分しか録音されていないのだから、スピーカーも2本あれば良い。しかし後ろからも音が聴こえてくると基本型が崩れ、「ステレオ」感が出にくくなる。なので「フェーダー」は、「10対0でフロント」に設定するのが正解だ。

純正スピーカーの装着位置の一例。純正スピーカーの装着位置の一例。

◆「フェーダー」を操作することで、「低音増強効果」をゲット可能に!?

ところで「フェーダー」には、別の活用法がある。上手く操作すると、低音の増強効果が得られるのだ。その操作方法は以下のとおりだ。

「フェーダー」を「10対0」でフロントに振った状態で音楽を流し、そこから徐々に「フェーダー」を後方へと振っていく。そうすると低音が次第にふくよかになっていく。しかしさらに「フェーダー」を後方に振っていくと中高音も後ろから聴こえてくる。そうなったら振りすぎだ。なので今度はゆっくりと前側に戻していこう。

この操作を繰り返すと、低音の量感だけがアップするポイントを見つけ出せる。それができれば、音楽の迫力が増しノリが良くなる。

このような効果が得られる原理は次のとおりだ。音は音程が高くなるほど真っ直ぐに進もうとする性質が強まり、かつ出どころも分かりやすくなる。逆に音程が低くなるほど障害物を回り込んで進もうとする性質が強くなり、出どころが分かりにくくなる。

で、「フェーダー」を少しだけ後方に振ると、真っ直ぐに進もうとする性質が強い中高音はシートにブロックされて聴こえてこないが、低音はシートを迂回して耳に届く。しかし出どころが分かりにくいので、前方のスピーカーから聴こえているものと錯覚する。こうして「低音の増強効果」が得られる、というわけだ。

ただし、車室内の状況によってはこの効果が現れにくいこともあるので、そうであったら「フェーダー」は「10対0でフロント」に戻そう。しかしこの効果が得られたらしめたものだ。低音を増強したくなったらぜひお試しを。

今回は以上だ。次回以降も「初めてのカーオーディオ」の方法論を紹介していく。お楽しみに。

《太田祥三》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. <新連載>[カーオーディオ・素朴な疑問]純正スピーカーって、音が悪いの?
  2. あの『i-ROAD』の元トヨタエンジニアが新会社で挑む「無駄のないモビリティ」とは
  3. 【マツダ ロードスターRS 新型試乗】新旧比較で実感した「アシンメトリックLSD」の真価…諸星陽一
  4. アルピーヌA110ベース、ザガート『AGTZツインテール』発表…ボディの長さが変えられる
  5. 釣りをより快適に、ヤマハ発動機が新型フィッシングボート「YFR330」発売へ
  6. 樹脂パーツの救世主! DIYで使える強力補修剤とは?~Weeklyメンテナンス~
  7. 【トヨタ ヴェルファイア 新型試乗】アルファードにはないターボ仕様を選ぶ価値…中村孝仁
  8. [低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「ドアスピーカー」の低音再生能力を引き出す!
  9. ビッザリーニ、日本市場に進出:復活のV12スーパーカー
  10. 20年ぶり! 想い出のクラウンに再会…ノスタルジック2デイズ 2024
ランキングをもっと見る